2017年 鮎釣り






6月10日 気田川のアカショウビンと鮎
4時出発で気田川へまずはアカショウビンの撮影で先日中道さんに教えて頂いたポイントでようやく撮れました。

これは、6月9日に書いたもので両方の写真を載せる予定でしたが結果は、
「二兎追うもの一兎も得ず」の格言通り両方とも中途半端であえなく撃沈でした。^^

6月10日
まずはアカショウビンです。5時30分頃到着で薄暗い森の中に入って行きますが全く鳴き声もせず。更に奥に行くと大きな声でアカショウビンが鳴きました。凄く近いところで鳴くので動かずその辺りを丹念に探しますが見えません。おそらく反対側で見えないのではと思い少し動いたら飛ばれました。飛び去る姿は見えましたが撮影はできずで、その後も鳴き声がする方向を探しますがどんどん声は遠ざかるばかりでそれっきりでした。
諦め切れないまま鮎釣りを始めます。先週アカショウビンの鳴き声が良く聞こえた場所に決めますが、鮎を釣るにはチョット厳しいかなと思うような場所。切り替えて鮎に絞れば良いものをと後から悔やみます。釣れたのは天然のビリばかりで、しかも掛かりどころが悪くオトリが回りません。結果ビリ7匹で撃沈。
竿が折れそうな強風で釣り人も多いので1時頃終わりにしました。

6月11日 
この日は、石花海でイサキ釣りの予定でしたが前日からの強風の為中止となり、どうしようか迷いましたがまた気田川に決定。この日は山の中を走りながら前回、アカショウビンが見れた場所で待機しますが全く鳴き声もせずで、そのまま気田川に向かいます。
昨日の場所で待つとまた鳴き声が聞こえますが近くに来ることはありませんでした。昨日のことが有るので鮎釣りに切り替え場所探しに走り回るも、この日も釣り人多く
ここぞと言う場所には必ず入ってます。ようやく誰も居ない場所を見つけ車を回して、着替えをしてさてと思ったら一人入って居ました。それではと一段下の瀬で始めるとすぐにオトリサイズが掛かり3匹目までは順調。4匹目をタモの手前でバラすとここから掛けても掛けてもバラシの6連続、ハリを3種類持っていたのでバレが少ないだろうと思われるハリに交換してもまたバレ、タモを打ち付けたくなるような展開にカッカしてきます。都合逆バリが外れるケラレも含めると10以上有ったのでは。原因は判らないし穂先はチューブラのみ、背バリからオモリに変えたらようやく3匹連続で獲れここで7匹、昼飯を食べていると二人上流に入ったので場所移動。車から見ると良い瀬ですが誰も居ないので始めますが掛かりません。ようやく掛かったのが20cmほどの成魚放流のような鮎、次はビリとどうも抜かれているようでしたがポツポツですが掛かると知らないうちに4人が並んで居ました。釣れて居ないのに、しかもここでもバラシばかりで4時までに6匹。まだ陽は高いのでもう少しと場所変え。
ここは鮎がキラキラと見えますがここでも掛けれず1匹追加で最後はまたバレ。5時の本日終了を告げるような音楽が鳴ったので止む無く終了。くやしい、あのバレは何だろう、ハリスかな~、穂先か、釣り方かと考えても私には判らないのでただビールを呑み過ぎる、と言う二日間でした。 愚痴を書きました。
                          
                           ペンタックスK3-Ⅱ ボーグ71FL 直焦点 
                        6月9日撮影、我が家の前で営巣、まだ雛の姿は見えません。
                          
c0176183_17084056.jpg






[PR]

by 634p | 2017-06-12 10:08 | Comments(2)

Commented at 2017-06-13 15:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 634p at 2017-06-13 17:58
鍵コメさん  ありがとうございます
ブログ楽しみに読ませて頂きます・
昨年は行けませんでしたが、今年はお邪魔させて頂きます。