「ほっ」と。キャンペーン

久々の藁科川

10月23日 土曜日
ゆっくり出かければと思ってノンビリしていたら、来客やら電話で結局「寺島」到着1時30分に、川を見ながら走りますが、やはり下流域は、かなりの釣り人でした。混雑を避けたつもりの寺島でしたが、階段の付近は入れません。上流の瀬にも釣り人見えるので、下流の淵の上で始めます。程なく掛かり、これならいけるぞと交換した、オトリを入れたと同時に根掛り、腰まで入り手をいれると岩の隙間に入って出てきません、こんな事あんまり無いな~とおもいつつ、元のオトリでやりますが、釣れません。先に入っていたJちゃんも今日は、釣れないとの事。そのうちSGさんも来て、朝から釣っていた人たちが帰ったあとを3人で4時30分までやり、Jちゃん8匹、私5匹、SGさん3匹で、明日のオトリも確保できたので、一旦オトリを置きに帰り、そのまま3人で夜の街に、釣りは大したこと無かったのですが、こちらは絶好調でした。
c0176183_1874434.jpg


10月24日 日曜日
9時に金属団地裏(秀島)に、すでに丸山淵の下から入った地点までに10人位いました。
いつも始める場所は入れず、2本に分かれる本流側に入り、すぐに3匹、しかしかなり攻められているようで、ここぞという場所では、全然釣れません、分流に場所を変え、小石底の浅いところで珍しく泳がせ釣りを、ここで5匹、変電所の少し上の瀬の頭で2匹、その上のまた小石底で見える鮎を、立竿泳がせで6匹、その上の強い瀬で4匹で2時に20匹になったので、元の場所に帰るとJちゃん珍しく仕舞っていました。雨も降ってきたのでこの日は終わりにしました。このところの藁科好調との情報で、かなり下流部は混んでいますが、鮎はまだ若く、数も居るようですので、まだまだ楽しめるようです。
オトリ10匹程メスばかりを確保したので、これからはカワハギ釣りにも行きますが。天気が良ければ、藁科が面白そうです。今年は、11月末まで?。
c0176183_1885253.jpg

c0176183_189105.jpg

[PR]

by 634p | 2010-10-25 10:29 | 鮎釣り | Comments(0)

大物大会

10月16日・17日

静水会の最後の大会、「大物大会」で狩野川に8人で行って来ました。何時も行っている「アルバトロス」さんにお世話になりました。オトリはメスばかりを用意して頂きました様で、ありがとうございました。
釣り場も、ほとんど貸切状態で、皆さん釣果有り大喜びでした。
大物大会は、大物賞・米10k・小物賞・米5kが賞品です。少しでも何かあると、張り合いがあり、楽しめます。
この日は、水量も平水、澄みの好条件でしたが、水温が低いのか朝のうち追いが悪く、掛かりませんでしたが、10時頃からポツポツ掛かり始め、12時頃は入れ掛も有り、午前中20匹、午後から13匹の33匹でした。
米10kは、終了寸前に釣った65gで私が頂きました。(大物賞としては、チョットですが)
泊まりは、大仁ホテルの飲み放題・食べ放題で、良く飲み、食べました。
c0176183_23321789.jpg


17日
この日は、大門橋の下流に入ります。川吉さんでオトリ購入、で先々週TOMOさんと入った場所に、ココも誰も他の釣り人はいませんで、また貸しきり状態でした。9時頃から始めます。始めて10分位で後ろで大きな音がするので、振り返ると、大きな鹿が何かに驚いて、中州の葦の茂みから、川にダイブしてこちらに向って躓きながら、走ってきます。(最初は川の中に頭を突っ込んでいたので、イノシシかと思いヤバイと思いました)
私の、竿のチョット先を横切り対岸の葦の中に消えていきましたが、ビックリしました。唖然として、カメラ出すタイミングが遅くなり、写真ありませんが、立派な角で100kg位あるのではと皆は言っていました。
この日は、2時30分までで終了ですので、ゆっくりできませんでしたが、大きいのが2匹来ました。帰りに川吉さんで、計ってもらうと24cm・25cmでした。両方ともメスでしたが、まだ成熟しておらず、スマートな感じでしたが、良く引いてくれました。結局全部で14匹でしたが、22cmのオスも2匹、ザラザラして帰りには、黒くなっていました。でも、まだまだこれから瀬に入る時があるから、面白いぞ~と教えてくれました。
c0176183_045533.jpg
川吉さんの親父さん、面白いですね~。また行きますね~。
[PR]

by 634p | 2010-10-19 00:06 | 鮎釣り | Comments(3)

驚異的な回復にビックリ

10月10日 日曜日
9日の晩から降った雨も上がり、6時に出発でまたまた狩野川へ。安倍川も興津川も富士川もかなりきつい濁りで、チョット不安に、狩野川はこの三川とは逆の方向から流れているので、との期待も有り向います。
しかし、途中で見えた狩野川・大見川は赤濁りでした。オトリ店でTOMOさん・ヘルニアさんと色々と話をしている間にみるみる水位は下がりますが、ニゴリが取れません。午後から、TOMOさんと上流の状態を見ながらドライブ、釣り場を何ヶ所も教えてもらい、思わぬ収穫でした。結局、浄蓮の滝の上流からのニゴリが強く、回復が遅くなっているようでした。
c0176183_22554768.jpg

私が、ますます迷いが出てきたのを見て、TOMOさんがこの状態でも釣れるからと、始めてくれたので、私もすぐ支度して対岸で始めます。
c0176183_2304562.jpg
TOMOさんは、すぐに掛け次もまたでビックリです。
 私にも、2匹来たので明日になれば澄んでくるだろうと、泊まり決定。 翌朝、オトリ店に来て、またまたビックリ、少し白っぽいニゴリは有りますが、石は良く見えます、しかもシッカリと食んであり、鮎も見えます。地元の川では、考えられない、驚異的な回復です。(これでも、以前に比べると回復は遅くなっているらしいです)
この日は、無風・快晴で釣り日和。
c0176183_23232352.jpg
大見川に入りますが、ほとんど澄みで少しあった、白みも昼頃には無くなり、絶好の状態になりました。橋の上から見ると、鮎はたくさんいます。しかも盛んに食んでいますので、釣れると思ったのですが、見た目よりも渋くて、なかなか釣れません。午前中はまあまあで、18匹午後は、10匹といつものパターンでペースダウン。(なぜだろう?)
前回からの課題の「目印が吹っ飛ぶアタリ」は一回だけでした。(♂)他は、ゴリゴリとかビリビリの後スウー位でしたが、早めに掛かりが解るだけに、かなり楽しめました。
ヘルニアさん、せっかくの竿納めの遠征、日曜日がニゴリでできず残念でした。まだまだ、鮎は沢山見えます。仕舞うのは、もったいないですよ~。
TOMOさん、今回も大変なお世話になりました。色々な釣り場、帰りの抜け道もシッカリ覚えました。
何から何までで、本当にありがとうございました。
奥様にもよろしくお伝えくださいますよう、お願いいたします。
[PR]

by 634p | 2010-10-12 22:34 | 鮎釣り | Comments(4)

憎っくきエサ取り

10月9日 土曜日
ワラサ狙いで三保沖に、朝から雨ですが、風はさほどでも無いので何とかできるまでやってみようと出船です。
c0176183_18411724.jpg
 鯛場まで来ると舟は10隻程でチャンスと思いました。
しかし、エサ取りの猛攻で、棚を取るのと同時にエサが無いの繰り返しで、仕掛けを色々と工夫してみますが、たまに釣れて来るのはサバばかりです。艫のSさんに9時頃3.2kが来て活気付きましたが、今日は、この一匹だけでした。
私は、皮肉なことに、今日は外道であるエサ取りのカワハギ(28cm)・ウスバハギ(47cm)を釣りました。
c0176183_18583925.jpg

c0176183_18585340.jpg

ワラサ・鯛ともに釣果落ちているのは解っていたのですが残念です。
次回は、この憎っくきカワハギ狙いで、敵討ちです。(これが狙うと釣れないんだよな~)

明日は、狩野川で頑張ろう。雨止んでくれ~~。
[PR]

by 634p | 2010-10-09 19:04 | 海釣り | Comments(0)

先週とは全く違った狩野川でした Ⅱ

10月3日 日曜日
心配した天気ですが、土曜日より風も無く暑いくらいの一日でした。
朝、中流域の瀬でTOMOさんと合流、8時30分から始めます。
この日も、入れると一発で来て、連続で6匹入れ掛かり、釣れるぞ~と思う反面、こんなことが続くはずはないな~と思うと、その通りでその後は、パッタリ下流には2人入っているので下がれず、対岸にも一人いて、その人の下が釣れそうだったのですが、諦め、対岸に渡り下流の流芯を釣ります。強い所は掛りが遅く、良い型は1つだけでした。12時までやり、14匹。
c0176183_20473784.jpg


午後からは、TOMOさんと下流域に移動。
土手の上から見ても、釣れそうな感じですが、一人もいません。嬉しくなります。
c0176183_219447.jpg

最初に入れた所も釣れそうでしたが、反応なしですぐ移動、上の瀬尻ですぐ掛かりますが、バレ。 次もすぐに来ますが、小さい、それをオトリにすると今度はゴミに掛り、ウェーダーでは、取りに行けず、やむなく切るはめに、このところの狩野川釣行では無かったことですが、この流域はやはり水量も多く流れも絞れたところは強かったです。鮎がどこにいるのか解らず、普段あまりやらないトロ場にも入れてみますが、どうも粘れません。オトリも弱ってしまい色も赤くなってきたので、落ち込み手前の瀬脇でジットしていると、強烈なアタリで来ました。
c0176183_2193084.jpg

二日間で最大、背掛りでよく引きました。同じ場所でもう一度強烈なアタリありましたが、バレました。
その後は、小さいのがポツポツ釣れましたが、途中また根掛りで2回目のロスト、
結果5匹に終わりました。計19匹

このところの釣行で、面白いことが解りかけて来ました。前アタリは全然感じる事ができませんが、次回は目印を吹っ飛ばすようなアタリも出せるかもデス。
[PR]

by 634p | 2010-10-04 21:41 | 鮎釣り | Comments(2)

先週とは全く違った狩野川でした

10月2日
雨で増水、リセットされたのではと思いから2週連続の狩野川です。5時出発で、この日は下道です。
c0176183_19261168.jpg

富士川手前のバイパスで車の中からの撮影ですが、東雲色に輝く空が綺麗でした。でも、うろこ雲・すじ雲は雨の前兆と聞いた事が有ります。日曜日は雨かも、天気が悪ければ、泊まらずに帰ろうかなどと考えながらの運転です。以前だと道中を楽しむ余裕は無かったのですが、最近は遠いとも感じなくなってきています。
7時30分オトリ店の前で釣り開始、入れるとすぐ掛かり連続4匹、その後もポツポツ掛かり、午前中25匹、午後は一段下流の瀬に入りますが、一匹バラシただけで全然でした。ココで大きく時間ロス、また元の場所に戻り、17時まで粘り10匹、午後は大きいのもでましたが、難しいものです。
c0176183_19594765.jpg

午後からは、竿を変えて釣ってみました。釣れなかったけど、少し前より感じていたことがハッキリと解り、嬉しい一日で、天気も持ちそうな感じの夕暮れで、泊まる事に決定。早めに飲みに行ったので、ウナギ仕掛けませんでした。今日になって、これが今度の釣行で悔やまれることだと、思い知らされました。
[PR]

by 634p | 2010-10-04 20:17 | 鮎釣り | Comments(2)