「ほっ」と。キャンペーン

寒いし 釣れません

12月26日  日曜日
 袖師の海優丸でカワハギ釣りに行って来ました。 昨日から吹いていましたが、朝になっても治まらずダメかと思いましが、出船です。最初、様子見で飛行場前で、その後本場所に入りますが、西の風が強くウネリも有り最悪!時々船首よりしぶきがかかります。しかも寒くて手がカジカンで痛くなる程でした。なんとか4匹釣りましたが、揺れがキツク船の流れも岸から沖に向っての流れが速くアタリが取り難く、カワハギ釣には良い条件では有りません。                                                     (富士山、笠雲でしょうか? 画像ではあまり荒れているいる様に見えませんが、カナリでした)
c0176183_2047729.jpg

c0176183_2044333.jpg

c0176183_20423839.jpg

今日の釣果は、カワハギ4匹・ホウボウ2匹・ショウサイフグ1匹でした。

夕食に姉さん夫婦を招待でしたので、帰ってから料理です。カワハギのキモ和え、ふぐから揚げ、鮨(カワハギ・ホウボウ・アオリイカ・オニカサゴ・中トロ)、ワラサ・ハタのあら煮など魚尽くしでしたが、釣ってきた魚で喜んでもらえて、また釣りに行けそうです。
[PR]

by 634p | 2010-12-26 21:30 | カワハギ釣り | Comments(4)

ビシマ&コマセ五目

12月19日  日曜日

ビシマ釣りに行って来ました。 6時30分スタート、一投目から真鯛、次は一度手繰り上げて下げていく時にワラサがアタリ上々の出だしに、大喜びでしたがいつもの事でそんなに甘くありません。次からはエサは取られているのにアタリは全く解らずが何度も続く悔しい事に、上げる度にエサが半分になっているので、船長後ろで笑っています。  今回は、確実に底を取る事を課題にしていたので、感触を確かめながらの釣りで、かなり手間取っていました。その時にエサがやられているような気がしています。まだこの釣りは奥があるようで楽しみです。これから寒くなり鯛が深場に落ちてくれば、もっと面白くなるようで来年も通ってみようかと思っています。
その後は、コマセ五目に、最初は63mで始め真鯛・ハタなど釣り、95mに移動しアマダイをたくさん釣り4時に終了しました。またのんびりと夕方まで楽しんでしまいました。

カナガシラだと思うのですが?
c0176183_2059147.jpg
c0176183_20591071.jpg

 
[PR]

by 634p | 2010-12-20 21:03 | 海釣り | Comments(4)

朝日から夕日まで

12月5日  日曜日

 このところ忙しかった「第一太郎丸」の船長より、行って見るかいとの電話で、三保沖のビシマ釣りに行って来ました。 この釣りは、アタリ取れないし、ナマリの付いた糸は油断すると絡むし、水深100m位のところを釣るので腕も肩も疲れますが、昔ながらの漁師ぽい釣りで、何故か大物の期待感があり好きです。
釣り方は、底までテンヤを下ろし、20回ほどゆっくりと手繰り上げます。アタリなければ、また底取りをして手繰り上げるの繰り返しです。アタリは手繰りが少し重くなるだけで、船の揺れによる重みと勘違いするくらい微妙なもので、違和感を感じたらアワセて見る。(4~5回強く手繰る)魚の重みを感じたらそのまま手繰ってくる、ココでグッグとくれば掛かっています。今回は潮が遅く活性が低かったのかますます微妙で、見逃しが何度か有りエサだけ取られる事があり難しさを痛感しました。
c0176183_21475997.jpg

(朝の富士山・ビシマ仕掛)
この日は、かなり渋く、鬼カサゴ2匹・マトウ鯛1匹の結果に、名人、船長もワラサ4.8k・鬼カサゴ1匹に終わりましたが、手繰るスピード、アタリの見極めなど課題がたくさんあり、来年の3月頃までチャンスがあれば何度か行ってみたいと思っています。
c0176183_21543538.jpg

11時30分の終了後は、久能・大谷沖にアジ・マダイ狙いに、ここで二人でのんびりと4時過ぎまで釣っていました。朝日が登る頃から夕焼けまで、天気も良く凪ぎの一日で最高の日でした。
c0176183_2243911.jpg

港に帰ってくる頃は暗くなっていました。 好きですね~。 ワラサとオウモンハタは頂いてきました。
[PR]

by 634p | 2010-12-06 22:11 | 海釣り | Comments(2)