<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

狩野川 Ⅶ

8月28日  日曜日
土曜日用事が出来日曜日だけになりました。4時出発で狩野川、何時もの場所です。7時開始、今回は休憩所より少し上のチャラ瀬よりです。手前を探っても反応無し、左岸の際で小さいのが2匹きて2匹バラシ、移動で橋上にすぐに良いアタリで大きそうでしたが、ためると簡単に行ってしまいます。切れたところは、上流で藁が巻き付いたところで注意して取ったつもりでしたがそこから切れていました。張り直して入れるとすぐに来ますがバラシ、これから急に反応無くなりズルズルと釣り下がるもダメ、瀬落ちでようやく掛りそれを持って下流に下がります。ここでもすぐに小さいのが来ますがタモの手前でバラシ、次は対岸の浅瀬で待つと良いアタリで来ました慎重に取り込んでようやく一息つきました。
c0176183_2126662.jpg

次も同型が口掛りで、次は強烈なアタリで下の荒瀬に持って行かれそうになるのを耐え慎重に寄せて抜く時身切れ、(ここで親子も入れバラシ6、獲ったの4、舟の中買ったオトリ入れ5匹)さらに下がって滝の手前まで、ここでも2匹獲って2匹バラシ、(バラシ8)先週と違って掛るまでは行っているのに増えません。昼飯抜きでと思っていましたが、鵜よけの花火で帰って来いの知らせが、一旦戻りますがこの日は、休憩1時間(缶ビール1本+チュウハイ1本)午後はまた下流の瀬頭から、すぐに手前で小さいのが、次は根掛り胸まで浸かり流されながら対岸に渡り回収するも金属糸ダメ、仕掛け張り直しそこから対岸に入れるとまた根掛りこれは切れてしまいマス、こんなことがと泣きたくなります。この後もバラシ有りカッカして何時ものようにあっちこちウロウロして5時終了でした。結果舟の中15匹の13匹でした。(バラシも同じくらい残念)
c0176183_22134078.jpg

何時もの泳がせ名人達店前で午後から入れ掛りもあったようでかなり持っていました。
7時から17時まで、あっという間に終わった感じでもの足りないですが、帰りの2時間があるのでまだ明るいのに終わりにしました。まあ、また行こう。4時出発19時45分着。次は頑張るZO~.
[PR]

by 634p | 2011-08-29 22:32 | 鮎釣り | Comments(2)

狩野川 Ⅵ

8月21日 日曜日
天気が心配でしたが、S・Nさんどうしても狩野川に行きたいと言うので、S・Gさんと3人で何時ものところです。道中も降ったり止んだりで肌寒いくらいですが7時頃より始めます。私は何時もの橋上より。しかし、このところの釣行パターンで全く釣れません。今までだと真っ先に釣ると自負していたのに(いつもその後続きませが)、最近は時間がかかります。2時間アタリなし。上流に移動して淵でマグレでやっと一匹、そこで粘ればいのに目移りしてまた移動、対岸の茂みの下でもう一匹近辺で2匹釣り午前中4匹、型は良いがイライラします。午後から下流に行って見ます。すぐに2匹掛り良いなと思ったのですが、その後はパッタリ、あまりに釣れずオトリも弱ってきたので段々瀬の泡の中で待つとようやく掛りました。これでなんとかなると喜んだのですが、掛った鮎が大きく滝に入られドンブリです。すぐに仕掛け変えいれるとすぐに来ますがウグイです。が待望の一匹に抜いてタモに入れてしまいました。(恥ずかしい) その後は全く掛らず高速移動ばかりで釣果無し、このところ何時もウロウロ歩き回るばかりで釣果伴いません。結果5匹。
別に仕掛けを変えた訳でもないし、釣り方も去年と同じですが今年は釣れません。皆さんからこの川は泳がせないと釣れないとの貴重なアドバイスも頂きましたが、私は変える積もりは全く有りません。(釣れないので意地になっていますが。)今に釣れる様になると信じています。(あ~~解らん、ストレス解消の釣りが~~イライラ)
[PR]

by 634p | 2011-08-22 21:35 | 鮎釣り | Comments(4)

お盆休み

8月13・14・15・16日
8月13日 土曜日 マル・マルママと4時30分出発で九頭竜川に、今回のルートは東名高速焼津IC~豊田JCT~東海環状道路~美濃関JCT~東海北陸道・白鳥で降りて九頭竜湖・大野・勝山・もりいしオトリ店着10時、渋滞と休憩で遅くなってしまいました。久しぶりの「もりいし」ですがお二人とも「釣れんのやわ~」でした。時間も遅いので、話もそこそこにオトリもらい出ようとするとこれまた久しぶりのS君にバッタリ、しばし話し込み11時30分頃高橋砂利の下流部に入りますが、結構な人出で釣れる感じがせず30分程で中島に移動、昼食後1時30分より右岸に入ります。ここも思っていたよりも釣り人多く、釣った後なのかどこも反応無く、ここまで来てボーズかよと思った3時頃ようやく18cmが良いアタリで、次も目印が2~3mすっ飛んでいく気持ちよいアタリ(やっぱりこれです九頭竜は)で20cm。これで一気にと思ったのですが次もスゴイアタリできましたが痛恨の身切れ、最後にもう一匹釣って4時30分終了。3匹
c0176183_2393687.jpg

(力なく引き返してくるところ。)
フナヤさんで用事を済ませて、紹介して頂いたところで美味しい食事を、(社長、奥様色々とありがとうございました)その後は何時もの中島で一泊、朝は少し寒い位でよく寝れました。

14日 日曜日
 この日は、昨年入った事がある「もりいしさん」の裏辺りです。マルが遊べてなるべく人がいないところが良いとの注文なので場所の選定が大変です。7時頃から始めますが何人か釣り人来ましたが、みんな帰って行きます。釣れません。今年はトロ場で釣れているようなので対岸に渡り、見て歩きますがどうもやる気が出ません。やっぱり瀬に、最初右岸側から入れますが釣れず一人だけになったので左岸に渡り、大きい石の頭で待つと目印すっ飛びました。
c0176183_1948692.jpg

ホント気持ちいいアタリ出ます。
次もひったくっていきましたが付いて下がった時コロンでバラシ、しかし掛るようになるとポイントが見えてくるので不思議な気持ちになります。ここで待てば釣れるなと思う間もなくやわらかい「ガマ荒瀬引き抜き」が胴より曲がります、これはこれで結構面白いです。11時までに8匹掛けて5匹獲り昼休み、途中から2人地元の人が来て始めましたが、釣れなかったようでしたが話の好きな人で1時30分まで話し込んでしまいました。いつも「もりいし」さんにいるので仲間に入れてやるのでいつでも来いと、後から来た人も面白い人で色々と教えてくれました。これも遠征の楽しみです。午後は同じところをやりますが午前中と全然違いました。一度釣ったところは全く反応無し、手前に入れたり流芯の向うに入れたりしてようやく2匹追加して4時この位で勘弁してやろうで終了。7匹  帰りはさほどの渋滞も無く無事に帰って来ました。
何時もの年とは全然違っていて、同じ場所で次々という訳にはいかないようです。が、九頭竜川はやっぱり面白い。

8月16日  火曜日
815日は夜お隣さん3家族でバーベキュー。楽しくてまた呑み過ぎました。8月16日は朝きつかったですが頑張って6時出発で興津川・梨の木堰堤下流に、7時頃から始めますが1時間ほどでようやくオトリ変わるとポツポツと掛るように、大きいのは20cmありますが、この鮎掛った時はいいアタリでるしかなり引きますが、オトリにすると泳ぎがおかしい、8本ほど同じ鮎釣りますがすべて同じでした。なぜだろう?
c0176183_20314814.jpg

渇水で連日攻めているので簡単に釣れません。夕方の入れ掛りをと頑張りますが結果18匹で見た目より釣れない感じで不満が残る残念な結果に。
今年は、本当に釣れない(私だけ)これもなぜだろう?です。(ヘタだから以外なし)

8月24・25で神通川で怒涛の入れ掛りを体験しに行ってこようかなんて考えています。行けるといいな~。
[PR]

by 634p | 2011-08-17 20:43 | 鮎釣り | Comments(2)

静水会 長良川遠征

8月6・7日
 
静水会の遠征で長良川に12人で行ってきました。5日7時より無尽で盛り上がってそのまま12時出発です。バスの中でも持ち寄ったツマミと面白い話でよく飲みました。朝4時現地到着、土砂降りとまでは行きませんがかなりの降りです。川も笹にごりでオトリ屋さんに聞くと30cm高。しかしせっかく来たので、雨が弱くなった8時頃始めます。橋の上に素晴らしい瀬があり誰も入らないので独り占めと思って入ったのですが、なにをやっても掛かりません。
c0176183_2117585.jpg
(水量は多いですがアカは飛んでいません、見た目は釣れそうでした。高速の橋のすぐ上、写真は午後)ここでオイカワ2匹、ウグイのオトリサイズが1匹でした。一旦橋下のトロ場に下がり、一匹ようやくかかります。それを持ってまた朝からやっていた元の場所に戻ります。ここでも粘ります。ようやく来ましたが滝に下がられ痛恨のドンブリです。諦め切れず同じ所をまたやると今度は30cmくらいのウグイですが今度は口掛りで暴れて外れました。
長い昼休みを挟み、左岸の流芯に入れるとすぐに来ました。それを持ってまた朝と同じ場所に、しかし午後も釣れませんでした。最近すごくシツコイ。(釣れないのはこれが原因かも)4時頃から上流のトロに胸まで入り泳がせると連続で4匹来て5時少し前に終了しました。4匹(涙)  この日は、右岸の浅い流れで石に腰掛けてジックリと泳がせていた人が午後から良く掛ったようです。
c0176183_2136298.jpg
(助平な爺さん)
あまりに悔しいのでウナギ仕掛けてみました。今回も鮎のエサですが、付け方を変えました。口からハリスを入れ肛門の辺りで抜いて針を口の中まで引っ張り、逆さ吊りにして三叉サルカンに結びました。(カニなどに簡単に取られないように)
翌朝起きてみると、夜カミナリと共にかなり降っていたので心配していましたが、茶色く濁っています。すぐウナギ上げに行きますが、腹の部分だけ喰われただけでこれもダメ。もちろん長良川釣りにならず、吉田川に行きます。ここも前日2mの増水で赤くなったとの事ですが、澄んでいましたので9時頃から始めます。
c0176183_2231232.jpg

水量多くどこも素晴らしい瀬ばかりでス。どうしてもそこに足が行きます。しかし本線では全く掛かりません。
後ろの分流のトロで掛ったようです。意地になって強い瀬ばかりに入れていたら、11時30分終了でボ~~ズになりました。あまりのことに帰りのバスは元気でませんでした。沢山呑みましたけど。
まあみんなでワイワイと楽しかった事は楽しかったですが、今度はもっと釣れる所に行きたい。そうだ神通川に行こ~^^。
[PR]

by 634p | 2011-08-08 22:23 | 鮎釣り | Comments(2)

 狩野川Ⅴ

7月30日・31日
今季初めての九頭竜川遠征を決めておりましたが、天気、川の状況も不安定なので中止に、車には全部積み込んだのでそのままにして、30日朝出発で狩野川に行ってきました。今回は、マルママ・マルも一緒なので、狩野川着9時頃、TOMOさんの釣りを見学後、オトリ屋さんに戻り10時30分開始です。この日は釣り人多く、橋直下よりのスタートです。落ち込み寸前で泳がすと3匹連続で良いアタリ、型も良く上々の滑り出しにここまでは一人でニコニコです。少し下がり瀬尻の際で20cmを追加。
c0176183_20423265.jpg

左岸に渡り橋下の棚でもう一匹、調子良いので下流の瀬頭に移動、先週はここから良く釣れたのですが、この日はサッパリで下流の落ち込み前の棚で5匹の追加で一旦昼食に、1時30分頃から午後の部に、TOMOさんと枝川の合流点上下に分かれて始めます。私は、午前中釣れなかった場所に再挑戦しかし、返り討ちに
全くダメでしたが、TOMOさんは良型ばかりを揃えてきました。何時もながら、腕は勿論ですが読みと魚に対する嗅覚はスゴイものが有ります。3時頃よりカミナリが鳴り始め,そのうちに本降りに4時頃終了しました。(残念)午後4匹で計14匹。型は良かったがもう少し釣りたい。濁りが入ってきたので「ウナギ」チャンスだったかもですが仕掛けなかったのが心残りです。夜は、TOMOさんご夫妻と食事に、楽しくも参考になる話ばかりですごく良い夜になりました。泊まりは何時もの「伊豆のへそ」に、涼しくてグッスリでした。
奥様、急なお誘いでご迷惑お掛けしました。また機会有りましたらぜひご一緒させてください。

31日
「伊豆のへそ」でゆっくり朝食を、この日は私が作りました。メニューは、サトウのごはん・レトルト味噌汁・目玉焼き・ソーセージの炒めですので、作ったと大きな顔はできませんが。
オトリ屋さんに着くと雨が降っているし、川も濁っています。奥のほうで降っているようでニゴリが強くなったり、水量増えたり、減ったりと5~6人の釣り人が一喜一憂、あきらめて帰りながら興津川が出来ればやって行こうと走ります。途中昨年2回ほど入った中流域の瀬を見ると誰もいません。濁りは上流より良いように見えたので始めます。
c0176183_21355098.jpg

濁りがあるので、流芯より手前の浅い所を狙っていました。後でおしえてもらったのですが、このような条件の時は濁りは関係ないので、良い波立ちのところでジット待つ釣りが良いと。2匹
このところの狩野川釣行ではイロイロと教えてもらう事が多く、今まで長いこと友釣りやってきたのが、恥ずかしくなります。まあ頭と体力の衰えは自覚していますが(元々ありませんが)もう少し頑張ってみようと思っています。今後ともよろしくお願いします。
しかし、狩野川面白いです。
[PR]

by 634p | 2011-08-01 22:13 | 鮎釣り | Comments(2)