「ほっ」と。キャンペーン

北陸遠征 神通川・庄川~九頭竜川  3日目

8月26日 日曜日
昨日は、20時30分頃、中島芝生公園に到着。釣り人の車とテントで大賑わいでした。グランドゴルフ場のほうに少し空いていたので、止めて寝る準備と明日の仕掛け作りを呑みながらします。
富山の二日間は仕掛けに苦労したのでハナカンから下を3組作り水中糸を点検して寝ます。
朝は5時起床、「もりいし」さんの駐車場一番奥で朝食を済ませてコーヒを飲んでいる時に、Egaoさん・ヒジキさんが揃って来ます。程なくTOMOさんも来てすぐ出発かと思ったら、オヤジ話が長くなり、オトリを貰いに行くとお客が多くて売り切れで、ここでも少し待ちます。、(ヒジキさん遠くから来ているのにスイマセン)

この日は、SGポイントです。駐車場前の瀬にはチラホラですが下流のトロ場と右岸側のテトラの辺りはかなりの人です。私は、駐車場前の瀬に入れてもらいはじめるとすぐに掛かります。23cm
これは調子いいかなと、何時も思うのですが、この日も何時ものようにその後は全く反応なしで11時30分終了。1匹
c0176183_21154363.jpg
c0176183_21155985.jpg
c0176183_21161167.jpg

早いお昼にしてまたオヤジ談義、これも私は面白いのですが。13時頃出発で帰路に何処も高速は順調で5時30分頃我が家に到着しました。走行997kmでした。
 この次は、仕掛けと・体を万全な状態にしてまた挑戦します。

   今回お世話になりました皆様本当にありがとうございました。

TOMOさんがいなければ例え行ったとしても、富山の人達との新しい出会いも無く、この三日間の様な楽しい釣行は無かったと思います。何時もお世話になるばかりで、申し訳なく、また感謝しております。これに懲りず、これからも宜しくお願い致します。
[PR]

by 634p | 2012-08-29 17:35 | 鮎釣り | Comments(0)

北陸 遠征(神通川・庄川~九頭竜川) 2日目 

8月25日 土曜日
昨日の良いお酒のお陰で駐車場で5時までグッスリでした。換気扇のみで涼しい位の快適な車内でした。道楽イケス見せて頂きましたが上手く出来ていました。オトリに使うだけなら1週間は充分と思われました。この日は、鮎道楽YさんのHR・勝利バーです。川は神通川に比べるとダムの放水量の関係もあると思いますが少し穏やかな感じですが、トロ場も瀬も玉石がぎっしりと入っており、砂のところはほとんど有りませんでした。
c0176183_1157326.jpg
c0176183_11591127.jpg
この日は土曜日という事も有りかなりの人出でしたが瀬でもトロでも良く釣れます。全体に小型が多いと聞いていましたが、私は瀬ばかりで釣っていましたが、中には22~23cm位まで混じりここでも良いアタリと引きを堪能しました。昼食は地元の方が今年釣ったサクラマスを焼いてくれました。初めて食べましたがこれも美味かったです。
午後も私は、同じ場所に入りますがやはり掛かりは落ちましたが、それでもかなりのペースで来ます。しかし、またもや昨日の再現でドンブリ2回・バラシ多で・・・31匹でした。
c0176183_11574437.jpg

反省点は何時もの通り沢山有りますが、今回の遠征は楽しかった。両河川とも水も綺麗で河原も広い、一番すごいのは鮎が綺麗で多いし追いも良い、「釣れない王国」からの訪問者にはまさに「パラダイス」でした。地元の方達が羨ましい。帰りたく無くなる富山でしたが、キャンプ場周辺など見て周り九頭竜川に向かいました。

お世話になりました、鮎道楽Yさん・Qpapaさん本当にありがとうございました。
またぜひ行って見たいと思っています。その時はどうか宜しくお願い致します。
[PR]

by 634p | 2012-08-28 11:51 | 鮎釣り | Comments(0)

イワタニ 炉ばた大将 炙り

8月27日 月曜日
今度の遠征で良いのを発見。道楽Yさん使用の優れものアイテム「イワタニ 炉ばた大将」です。
今までは炭を熾し焼肉でしたが、バーナーでの炭熾しは簡単ですが、問題は火力調節と後始末でした。話ながらの焼肉ははすぐ焦げてしまいあわてて食べるのが常ですが、この「イワタニ 炉ばた大将」はすべて解決してくれました。試しに今日近くのホームセンターで買ってきて夕方庭で早速試して見ました。最後の焼きオニギリも旨く焼けました。セット・火力調節・後片付けも簡単これは優れものです。
c0176183_2171076.jpg

活躍しそうです。
[PR]

by 634p | 2012-08-27 21:12 | 美味いもの | Comments(0)

初めての神通川・庄川~九頭竜川へ 一日目

8月24日 金曜日
先週末より膝が少し痛いなと思ったら21日には腫れて来て、おまけに熱が39.5度まで上がり週末には北陸に行きたいのに困ったな~でしたが、水曜日には熱も下がり痛みも和らいで来たのでTOMOさんに連絡すると今週も行くとの事、まだ膝は曲りませんが木曜日の夜出発で富山に走りました。呉羽SAに2時50分到着1時間程仮眠して、5時30分ここで待ち合わせの予定でしたが、出発時ガソリン満タンにしてきたのですが残り僅かに、合流してからでは迷惑掛けるので富山西ICで降り、途中のGSで補給後富山ICに向かいます。IC出口のコンビニで合流、オトリ店にて日鑑札3000円・オトリ3匹1000円購入、ここで地元「鮎道楽Yさん」とお会いします。もう鮎釣りスタイルに着替え済みですごい気合、すぐにポイントに向かいます。
c0176183_15532995.jpg
そこは強めの瀬で大好きな感じです、TOMOさんに譲っていただき瀬の中間辺りの波立ちが治まる所で始めるとすぐに17cmが来ます、次もすぐで20cm、順調で流石に神通川は評判通りだと、しかもアタリも引きも強烈、目印くるっと回る感じで次にはキューンと下がります。その後も良く掛かりますが、取り込みが下手でバラシが多く、デカイのはことごとく逃げられました。しかもドンブリ1回、ここでも「う~へ~」レベルでないのを痛感、午前中20匹程で昼食に。    (午前中の釣果)
c0176183_15565226.jpg
「鮎道楽Yさん」のホタルイカの串焼き美味かった。久々に呑む冷えたビールは初めての川でこれも最高の味でした。
午後からも同じ場所ですが、少しカミの瀬頭で始めます。なかなか掛からず来たと思ったら3連続バラシ、その後はポツポツですが、夕方のチャンスは何となく感じていました。その時が来たのは一発で解りました。掛かり方が今までと違いました。それを無事取り込み同じ場所入れるとすぐ同じアタリで来ますが、痛恨のドンブリ、これはスゴクがっかりですが気を取り直し仕掛け変えて入れると同じ様に来ます。が、これもドンブリで絶好のチャンスを完全に逃がしてしまいました。朝からだと掛けたのはかなりの数になったと思いますが、取り込みの下手さと、仕掛けの作りの悪さで循環の釣りが台無しに、何時もと同じ反省点で進歩が無いのが情けない。あ~~「もったいない」。傷心の29匹(17~22cm)でした。夜は戸出ナイトツアーのお仲間に混ぜてもらい楽しい夜を過ごさせて頂きました。何から何までで本当にお世話になりました。ありがとうございました。




背中に「領」の黒い法被・菅笠・天秤持ち・タモなし・手尻長くてつばめ返しこ人のは?もしや。
c0176183_16574583.jpg

[PR]

by 634p | 2012-08-27 14:48 | 鮎釣り | Comments(2)

いつもの 甘い判断だった。

8月19日 日曜日
5時30分出発で、狩野川に行こうと富士川を渡りましたが、名人達でも難しい状況だとの確実な情報もあるので、迷いましたが興津にUターン。茂野島・土村キャンプ場・山彦橋と見て周り、水遊び・キャンプなどの人達が少ない大網釣り橋のカミに入ります。この時点ではまばらだった釣り人も水遊びを避けてゾクゾクと入ってきます。
c0176183_10221373.jpg
おそらく盆休みの間同じ状況だったろうと、この頃やっと気が付きます。2時間ほどやりますが何処に入れても全く反応なし、回りの人達も同じで、梨の木堰堤にJちゃん居るので移動して、またビックリ駐車のスペースは無し釣り人一杯、堰堤上は人だらけ、地元Fさんにご挨拶して何とか車、入れてもらいます。ありがとうございました。
c0176183_10224073.jpg

早めの昼食を済ませゆっくりとオトリ回復させてと思ったのですが、水温高いからか2匹ともヨレヨレです、1時間ほどやってもダメ、一旦上がり地元の人にオトリ分けてもらい同じ場所に入ると連続で3匹掛かり何とかボーズは免れました。3時頃から下流の瀬に入りますが、Jちゃんが入れ掛かりのアトで全く釣れず、ここなら入れてないだろうと思う場所でのダボ3連発でキレました。全く残して有りませんでした。
c0176183_1022588.jpg
 夕方、地元らしき人が土手から降りてきて川に入ったと思ったらすぐに穴釣りで50cmほどのウナギを釣り、周りの人に気付かれないように上手に取り込み、帰って行きました。あまりの手際の良さに唖然。車の前に戻り水中メガネを付け穴釣りやるもこれもダメでした。何時も釣れる所も潜ってみましたが、鮎は少なかったです。何時ものことですが、まったく判断の甘いヘタクソです。
[PR]

by 634p | 2012-08-20 10:27 | 鮎釣り | Comments(0)

ウナギの夜釣り

8月15日 水曜日
このところの雨で川は濁って、鮎釣りに出掛けるには難しい判断の日が続きました。近くの小さな川は回復が早いのとウナギの実績があるので息子達と夜釣りに行ってきました。ミミズ獲りをして夕方6時頃から釣り始めます。明るいうちは、ハゼの猛攻でミミズえさすぐに無くなってしまいます。
c0176183_1621764.jpg

これなら最初からハゼ釣りで来れば結構釣れたのでは。(針が大きいので掛からず2匹のみ)

暗くなってからは、鮎の切り身・ミミズ・アオイソメでやります。少し濁りが残った良い状態でしたが、潮の関係もあったのか、ウナギのアタリは有りませんでした。



c0176183_169160.jpg
c0176183_16985.jpg

(私は、ペットボトル釣法で、息子達はリールで)
[PR]

by 634p | 2012-08-16 16:20 | 鮎釣り | Comments(4)

初めての 中津川 二日目

8月12日  日曜日
中津川、2日目です。相模川の様子を見にmotoさんが連れて行ってくれます。15分ほどで高田橋に、6時ですが橋カミで3人釣ってました。少し減水気味で普段と違うようですが、見た場所は石は小さめで大井川の下流部の様に感じました。この日も中津川の同じ場所に入って昨日とどう違うのかを探って見ます。
c0176183_21363382.jpg

(マル 温泉気分) 


この日も午前中は釣れません、監視員の人も釣れるのは夕方との事、待っていられないので下流の瀬に入りますが2匹釣れただけで昼食にします。この日も天気には恵まれ暑いので昼食後は水中を見てみます、すると浅瀬に鮎がしかも良い形もかなり泳いでいます。
こんな事も楽しいです。
c0176183_21473230.jpg

(調査中のmotoさん)


地合いを期待して下流部に入りますが、昨日とは違った雰囲気で釣れる感じは有りませんでした。帰りは渋滞があるとイヤなので、地合い前の5時終了します。5匹
fly-motoさん、イロイロとお世話になりました。釣果は、私の場合は「ウ~がへ~」のレベルに達していないのが良く解りましたので、川の判断に到りません。でもお陰さまで本当に楽しい二日間でした。ありがとうございました。
c0176183_22184439.jpg



中津川の印象は小さい河川ですが頭大の石が全面に敷き詰められ、水質も良く、鮎も天然+放流で多いように感じました。川は瀬と浅いトロの繰り返しで穏やかで駐車場も至る所に有り入りやすく、その分都会に近い河川で釣り人も多いですが、思い思いの釣りが楽しめる良い川だと思いました。
私の所からは、約2時間30分位で、狩野川に行くのと大きな差は有りません。また行って見たい衝動に駆られます。
[PR]

by 634p | 2012-08-14 22:23 | 鮎釣り | Comments(2)

初めての 中津川  一日目

8月11日
初めての川、中津川にfly-motoさんツアーでお世話になりました。
朝5時出発で新東名静岡SI~東名厚木ICで7時30分頃「戸倉屋オトリ店」さんに到着、すぐにご主人が出てきてくれて、motoさんの入っている場所を教えてくれます。河川敷にはキャンプが出来るスペースが充分有り車も走れるように整備されています。motoさん、マルママ・マルが一緒なのでトイレも近く(土手を越えるとすぐにトイレ2つ付きのコンビニ有り)駐車スペースも充分で車の横にタープも張れる、しかも良い瀬もトロもある最高の場所を選択して頂きました。
c0176183_2146094.jpg

朝一は平山橋のカミの瀬に、ここなら釣れるという感じの場所で、ハネも見れるし、石色も悪くないように見えますが、10時までに一回底バレがあっただけで、一旦車に戻り下流の瀬に入りますがここでも釣れず早い昼食にします。
c0176183_21491399.jpg
(奥がmotoさん)
呑んだり食べたりの楽しい時間の後は、また朝一の場所が諦めきれずに入りますが、極小一匹のみ、また下流の瀬に戻り一匹追加しますが掛かり所悪くオトリにならず、そのまま釣り下がりmotoさん
にオトリ借りなんとか1匹これが17時過ぎていました。ここから18時頃までに6匹来て、形も良く目印スッ飛ぶアタリ連発で良い思いしました。9匹
c0176183_227493.jpg

夜は、ここで車中泊、少しパラパラ来ましたがタープの中で河原宴会で楽しかったです。
涼しくて、虫もいない快適な夜でした。
[PR]

by 634p | 2012-08-13 22:12 | 鮎釣り | Comments(2)

富士川の様子

8月5日 日曜日
バトミントン見てしまったので、起きられずにJちゃんには申し訳ないことしました。
8時30分頃SGさんと前の日に情報があった。富士川の様子を見に行ってきました。
〈二人とも半信半疑でしたが)
バイパスより川を見ますが石色悪く誰も居ません。鉄橋下に一人、国道下流も石色悪い、新東名付近・蓬莱橋付近も同じ、オトリ店は開いていました。電気尻にも製紙前にも誰も居ません。
c0176183_11291364.jpg

c0176183_11293185.jpg

河原に下りる事も無く遠目にも鮎が居ないだろう事が解ります。帰りには鉄橋下にも誰も居ませんでした。 興津川に戻り茂野島橋下流で少しだけ。2匹
穴釣りもやってみますが反応無しでした。夜はムジンなので早めに帰りました。
[PR]

by 634p | 2012-08-06 11:42 | 鮎釣り | Comments(2)

興津川

8月4日 土曜日
遠征の疲れもあったので、リハビリ兼ねて興津川・梨の木堰堤の下流に11時着、Jちゃん指定席で頑張っていました。

手前は地元の名人
c0176183_245918.jpg

オトリ貰い下の瀬で始めるとすぐに小さいのが2匹、同じところで根掛りと思ったらウナギでした。
c0176183_213010.jpg

サイズ小さいですがキープ。オトリも仕掛けもダメで一旦休憩。穴釣りの仕掛けを作りテトラの下など探るもダメでした。3時頃から追いが出たようで皆さん掛かりだします。私も2匹追加で計4匹。

帰ってから、笑われながらも執念で蒲焼作りました。
c0176183_2143014.jpg

見た目は酷いですが、まあ食べられる程度には出来上がっていました。
次はもう少しサイズアップです。
[PR]

by 634p | 2012-08-05 02:19 | 鮎釣り | Comments(2)