大物 逮捕

9月26日 水曜日

地元の川で獲れました。結構な大物ではないかと。
c0176183_12492711.jpg





先日、Uさんが耕運機を持ってきてくれ、耕してくれました。早速、大根を3種類蒔いたところ
100%に近い確立で発芽しました。また楽しみが一つ増えました。
c0176183_1248416.jpg

[PR]

by 634p | 2012-09-28 12:53 | 鮎釣り | Comments(0)

癒しの勝利バー 二日目

9月23日 日曜日
昨日の夜は暑いくらいで、マルと一緒に寝ているとエアコンが必要なほどでした。4時頃目を覚ますと車の屋根で音がします。ナニ雨~、気温も下がっています。6時頃出発で太田橋の下で雨を避け
朝食にします。
c0176183_12473752.jpg
8時頃から釣り始めますが雨も強くなっています。橋の真下で雨を避けながら釣るも
2バラシスタート。下流の瀬に移動も全く反応なし、鵜避けのロープまで下がりようやくオトリ継ぎ
ここで6匹釣り上流の瀬に入り直します。今度は流芯の向こう側に入れるとすぐにアタリ、なかなか動きません。大きいと見て慎重に流芯をかわして寄せて獲りました。家で計って今季最大26cm・183gの♂でした。
c0176183_1248233.jpg
なぜか特別大きく見えました。もう一匹ここで釣り昼食に、この頃には雨も上がって居るので1時から3時までの約束で、また瀬頭に入ります。今度は良い感じで掛かってくれます。最初の目標20匹にあと1匹、2時58分に掛かりヤッタと慎重に寄せるとバレてしまいます。
ここで終わるのも何ですが時間が来たので終了。19匹+アユカケ1匹でした。
c0176183_12481814.jpg

朝のうち気温下がり追いが悪かったので苦戦しましたが、好きな瀬で午後から良いアタリが有り、満足しました。3時40分出発で帰路に、マルママの運転ですので緊張しました。
美濃加茂SAで給油、ゆっくり食事をして私はBをなので家までマルママ運転です。楽をしたつもりでしたが、疲れました。

今年最後の遠征、良く釣れ、楽しい二日間でした。鮎道楽Yさんのお陰です。本当にありがとうございました。お会いしてお礼をと思っていましたが、叶わず失礼を致しました。 来年は梅雨明けからお邪魔することになると思います。その時はどうか宜しくお願い致します。
[PR]

by 634p | 2012-09-25 12:57 | Comments(4)

癒しの勝利バー 

9月22日 土曜日
今年もあと残り僅かの鮎釣りです。前回の釣行で遠征は終わりにするつもりでしたが、お天気レーダー・関電の放流量も15tどちらも問題無しで、マル・マルママと10時30分出発です。金曜日には鮎道楽Yさんの写真入りポイント・駐車スペースなどの解り易い解説を頂き迷うことなく現地到着でした。初めて行く場所はワクワクするものが有り楽しいので、あちらこちらと行って見たいのですが、何時も困るのが駐車スペース、今回は放水量による影響までとまさに完璧なまでの情報で、楽しく鮎釣りができました。ありがとうございました。

6時頃小竹オトリ店到着、先日のお礼方々、オトリ・日釣り券を買います。現地到着後ゆっくり朝食
、ずっと下流に4人ほど見えるだけで目指すポイントには見える範囲誰もいません。
c0176183_23132530.jpg
一番乗りで瀬と瀬の中間でメスのお腹プクプクのオトリ放すとすぐに一匹目が、薄っすらと赤い線が出ているオスです。もうこんなになっているのかと思いましたが、それをオトリにすると良く泳ぎ一発で大きなメスを連れて来てくれます。3匹目もすぐで順調で、さすが道楽Yさん良い場所を教えてくれたと感謝です。ここで6匹釣った頃下の瀬に3人入りすぐに真ん中まで入り釣り始めたので、移動で上流の瀬頭に、ここも釣れそうな感じプンプンでしたがなぜか掛からず、先程釣った所もだいぶ釣り人増えたので、見渡すと駐車のシモのトロ場に誰もいません。TOMOさんの神通でのブログを思い出しそこに入ります。
c0176183_23145349.jpg
1匹目を釣るのに少し掛かりましたが、オトリが変わると連続で来ます。その後もポツポツですが良い感じでかかります。その頃対岸に4人横に2人入り私の下の人も掛かり始めると、そのすぐ5m位下に入る人が、しかも前に出ます。案の定前から釣っていた人は釣れなくなります。気の毒なと思いながら、今度は誰もいない落ち込みからトロになる少し強い瀬に入ると一発で良いアタリで来ます、やっと瀬で掛かるようになり連続で5匹良い形が来ます。6匹目を少し下がり取り込みハナカン回りを変えオトリを出し元に戻ろうと振り返ると始めようとする人が、私と同じ様な年格好でこちらを向かず準備して竿を出します。カミの瀬は広く空いているのにと唖然、久々に「ふしぎ君」を体験しました。12時も回っていたので昼飯に上がりましたが、あの人達はあんな事で釣りが面白いんでしょうか、特に鮎釣りは場所が重要、おそらく私のカミに立った人は、一日楽しくなかったでしょう。「ふしぎ君」出現は良い機会と車移動、途中誰もいない瀬が見えたので河原まで車で降り昼食にします。午前中24匹。ツマミはfly-motoさんに教えていただいた、豚ホルモンです。アルミホイルを忘れたのでフライパンで、これも美味いです。場所は「砺波大橋」と上流の「となみ野大橋」の中間です。4人下流に居たので、上流に300mほど歩き釣り下がる作戦です。
c0176183_23152939.jpg
手前の際に入れるとここでも秒殺、二匹目もすぐで順調です。しかし流芯に入れていきますが来ません、対岸の際に入れるとまたすぐに来ます。Bタイムの時見ていた人は流れの真ん中に立ち両際で掛けていました。周りは誰も居ないのでそれをマネて中心に立ち両際を交互に攻めるとポロポロと掛かります、反対側にオトリを誘導する時ナナメに引くと流芯でも掛かります。周りに人が居なくなる5時頃まで頑張って、午後23匹でした。上流よりも形は少し小さめでした。今回は「夕ばみの鮎姫」には合えませんでしたが、色がでたのは最初の一匹目だけで他の鮎は綺麗でヌルヌル、掛かりも良い感じで楽しめました。アユカケも一匹釣りましたが確実に舟に入れたのですが、いつの間にか居なくなっていました。
夜は、小竹オトリ店さんお勧めの新湊の道の駅に、白えびで一杯呑み土産を買いここで一泊。
この日も楽しかった。さすが癒しの勝利バーでんがな。
[PR]

by 634p | 2012-09-24 23:18 | 鮎釣り | Comments(2)

また悔しい一発

9月16日 日曜日
今日も3時起きで4時出発。何時もの4人で第一太郎丸で三保沖の真鯛・アジ・イナダ狙い、5時30分出船で6時開始です。
c0176183_20161091.jpg
最初は三保沖でアタリ無し他船は一流し目でポツポツ拾っているようですがその後は沈黙、折戸沖に移動します。
c0176183_20354628.jpg
ここでアジ・真鯛・イナワラなど釣れて何とか格好は付きます。しかし、ここもすぐにアタリ遠のき久能沖に転戦します。ここで船長の読みが当たりました。オオアジ(40cm)が入れ食いになります。私は、この日は次男が大事なお客様と帰静するとの事で、真鯛を何とかと少し高い棚で待つ作戦に出ます。すると狙い的中で大真鯛独特の一気に竿先を引き込むアタリが出ました。ドラッグも調整して有り、ハリスは4号でオオアジ・真鯛2匹をこの時点で釣っていたので全く予想していませんでしたが2ミリのクッションゴムが切れました。おそらくキズがあったのだと思いますが、何時もながらのミスに呆然でした。
c0176183_20344142.jpg
諦めきれずにその後も真鯛狙いで、来る予感がした直後に本当に57cm真鯛が来ました。結局私は、真鯛3匹、オオアジ6匹・キントキ1匹・アマダイ1匹で何とかなりまた。昨日の鮎釣りもそうですがアレが無ければ、あの時こうして置けばと、まるで私の人生そのもで考えさせられる二日間の釣行でした。

他のメンバーはSさん真鯛・イナワラ・オオアジ・キントキなど釣り竿頭・OさんMさんも真鯛・オオアジ・アマダイ・チダイなど沢山釣れて良かったです。
帰りが遅くなり、料理をする時間が無くお客様には申し訳なかったですが、新しい魚を食べていただきました。こちらも良かったです。今度は前もって釣りに行って用意しておきます。またぜひお越しください。
[PR]

by 634p | 2012-09-18 20:37 | 海釣り | Comments(0)

久々の狩野川

9月15日 土曜日
3時に目が覚めてしまい4時出発で、久々に狩野川に行って来ました。
c0176183_212762.jpg

陽が差すとまだまだ暑いですが、渇水と言う事も有り少し秋っぽい感じです。
休憩所上のトロ場には無数の鮎がキラキラしていますが、どうも泳ぎが変です人が近づくと全体がゆっくりと移動して行きます。友釣りの対象になりそうも無いので、橋カミのトロ場に入ります。2時間ほどで大石の周りをぐるっと泳がせた時掛かりすぐバレたのと次も底バレした2回だけ来ました。あれが獲れていればと思いながら下流にフェルトを減らす旅に出ます。支流合流の下の瀬まで行っても釣れる感じがしません。また元に戻りSさんにオトリ借りますが一向に反応なし、少し早いですが昼食にして、午後からは上流の滝で流芯に入れるとやっと24cmが来ました。
c0176183_6173125.jpg
次は、滝の下の流れ淵の深い所で、これを持ってまた橋カミに入ります。左岸側の浅いところで一匹来ると入れ掛かりで3匹
、その3匹目の時流れてきた枯葉が巻きつき丁寧に取り除きます。次も良形がすぐに来ますがここで痛恨のドンブリ、せっかくの地合いをまたしても潰してしまいました。切れた所は枯葉を取り除いた所、仕掛け変えようか迷ったのですが、入れ掛かりのチャンスで、逃してはとそのままで続けた事が悔やまれる何時ものパターンに学習能力の無さにガッカリ、気を取り直し仕掛け張り直し始めるとすぐに一匹来ますが、これで終わってしまいました。6匹
[PR]

by 634p | 2012-09-18 06:40 | 鮎釣り | Comments(0)

ハゼ釣り

9月9日 日曜日
朝起きると良い天気です。車の掃除・釣具のメンテなどでお昼に、この日はマルママ夕方までいません、お隣のY君(小学4年生)も一人でお留守番、一緒にご飯食べて午後からハゼ釣りに行ってきました。清水まで走り釣具店でアカイソメを買い釣れる場所教えて貰います。まずは巴川で遣りますがアタリ無し、次は貯木場近辺です。すぐアタリでスミヤキの子どもが釣れY君大喜び、しかし次も次もでハゼは全く釣れません。場所変えで今度はウナギ釣りの時ハゼのアタリが良くあった地元の川に。
c0176183_123866.jpg

一投目から釣れ、その後もポツポツ釣れます。夕方までで15匹ほど釣れY君また行きたいと喜んでくれました。
c0176183_12382650.jpg
夜はハゼの天ぷら、美味かったです。
[PR]

by 634p | 2012-09-12 12:41 | 海釣り | Comments(0)

神通川・庄川 2回目

9月8日 土曜日 2日目 庄川
砺波道の駅は涼しくて快適でした。6時に「小竹オトリ店」で、日釣り券とオトリを買い、その時ソーメンを茹でる鍋とザルを貸して貰えますかと聞くと、おばちゃん快くOKしてくれ、借りて行きます。庄川は前回「鮎道楽Y」さんが連れて行ってくれた所に決め、車を川のそばまで入れ朝食の準備です。ソーメンを茹でハムエッグ・サバの麹づけを焼きあとは納豆と冷奴、移動は無しなので朝からBです。予想が外れ良い天気で少し涼しく最高の朝食でした。
7時頃、橋下流の瀬の中間辺りで始めますが2時間程釣れずオトリに赤い線が出てきてまるでウグイのようになります、もう一匹のオトリはどうも使い物にならない様子、浅い少し波立ちがあるところでジィ~~ト待つと小さいのが背掛りで来ました。
c0176183_1782011.jpg
オトリが変われば次はすぐで連続で5匹、でもこの日は午前中追いが悪い様で、なかなか続きません。11時30分までに8匹、ここで昼食に、またソーメンなどでB、飽きませんソーメン(揖保の糸)美味い。

1時頃から瀬頭付近で始めると入れ掛りで来ます。形も良いのが混じり楽しめました。3時QpapaさんPが空いたので落ち口手前に入るとすぐに1匹それをオトリにカミに泳がすと連続で6匹、落ちた所で良形追加してもう一段下に入れると大物一発で掛かるも予想通り滝に落ち身切れ、また元の瀬に入り直すとまた掛かり出します。夕方の鮎は素晴らしかった。黄色の追星クッキリで体は蒼くヌルヌルでオトリ交換の時逃がすほどでした。「鮎道楽Y」さん云うところの「夕バミの鮎姫」だと思います。本当に綺麗でした。33匹
c0176183_1784545.jpg

帰りに、小竹オトリ店さんに鍋を返しに寄りますが、鮎釣りの途中でお返しが何も有りませんが桃をと差し上げますと、この地の名物ソーメンがあるからと、「大門素麺」頂いてきました。
c0176183_17103676.jpg
本当に良いご夫婦でした。ありがとうございました。また来年来ますと約束してきました。
この日はなぜか満足してしまい、明日雨だと辛いので泊まらずに帰りました。
面白かった。庄川最高でんがな。
[PR]

by 634p | 2012-09-11 17:17 | 鮎釣り | Comments(0)

久しぶり  藁科川

9月1日 土曜日
久々の藁科川です。9時頃カインズ裏に入りますが、見た目夕方の一時がチャンスという感じ、この日は、あまりゆっくり出来ないので、上流を見に行きます。しかし上に行くほど悪くなる様に見えて、下流に下がる途中で毎年入る水見色川の出会いカミの瀬に決めます。土手に車を止め何時も通りに川に下りようとしますが、夏草が茂り道が有りません。
c0176183_141169.jpg
丸山淵まで下がり始めます。オトリは良い泳ぎですぐにでも掛かりそうな感じですが全く反応なし、30分程でやめ、カミの急瀬だった所に行くと際に鮎が3匹見えますが何か変な動きです。
(土手からは見えなかったのですが、川が全く変わってしまいました。残念)
c0176183_1414944.jpg
石色はものすごく悪かったですが、見えたので入れてみますがその後は何処に行ったのか全く見えなくなり勿論釣れません。「富山病」に罹っているので我慢できませんで、ウナギ釣りに切り替え潜りながら観察して見ますが鮎は全く見えませんでした。ウナギも全く相手にしてもらえず、1時には家に帰っていました。

c0176183_1422611.jpg
夕方は、Oさんの受勲パーティーに、夜遅くまで呑んだので翌日は起きられず、仕掛け作りで一日終わりました。
[PR]

by 634p | 2012-09-05 14:09 | 鮎釣り | Comments(0)