「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013 狩野川4 

7月27日 土曜日
4時30分出発で狩野川に、このところ小石の所ばかりだったのでせっかくの狩野川、まずは上流部の大石ゴロゴロでのところでと始めます。着替えている時は瀬頭に一人入っていましたが、対岸に車入れ降りて行くと下の方に一人だけ、瀬頭から始めるとすぐにオトリサイズ、次はビリ鮎ですがオトリにすると20cmが掛かります。ここで4匹釣るもどうもしっくりこない、上流のカーブのところが良さそうなので歩きやっと着くとすでに二人入って居ました。
c0176183_2063057.jpg
やむなくまた同じところに入り直します。今度は流芯を狙い大石の回りを入れていくと葦の根が絡まっていて根掛り連発、その都度取りに行きますが、狩野川見た目より大石周りは深い、あまりに連発するし下には数人入ったので、場所変えでmotoさんの居る下流部に行きます。すぐに20cmが3匹来るも後が続かず、周辺を丹念に探るも夕方までやっと掛かるとバラシなど苦戦の連続で落胆の一日。
c0176183_207191.jpg
見た目は上流部も下流部もスゴク良く見えたので粘ってしまいました。10匹
夜は「伊豆のへそ」に車を入れ近くの居酒屋でDさんと3人で痛飲、生ビールと焼酎ボトル2本で気持ち良く酔い、釣れないのは悔しいですが楽しい一日でした。

7月28日 日曜日
朝、オトリを回収して、野良猫の瀬の下の瀬に、昨日はすごい人だったのが駐車場前に一人だけでした。この日は、丁寧に釣るを頭に朝からオトリを止めて待ちます。すると15cmが来て、ポツポツ釣れ始めます。石の回りや樋になっているところを丹念に探り、良いオトリも獲れたので流芯を狙って、あの人ならこんな風に探るのだろうか?こんな所はどうして釣るのだろうかと考えながら探るも流芯で釣る事は出来ず、群れ鮎まで狙って11時までにようやく14匹、一旦上がり今度は上流の急瀬を釣りますが、2匹持っていったオトリがヘトヘトになるまで釣れず、やっと掛かると3連続バラシで、気が長く練れている私もガックリ、そうなると帰りの渋滞も心配になり、気力なくなりました。 試練の狩野川一日半の終了です。早く帰ったので片付けの後、庭で炉端大将を出し「黒ホルモン」を肴にまたビールと焼酎、〆は大好物の「焼き鯖寿司」これも絶品、程良い疲れと酔いで、笑点見て笑っている他愛のない人間です。
c0176183_2074632.jpg

[PR]

by 634p | 2013-07-29 16:47 | 鮎釣り | Comments(2)

2013 安倍川 1

7月21日 日曜日
久しぶりに安倍川でも行ってみようかとゆっくりめの出発で松野に、河原に車を入れ見渡すと釣り人で一杯、最近友釣り人口は減っていると聞いた事が有りますが、昨日の気田川もそうですが本当か?と思わせる盛況振りです。とりあえず車の前の強目の瀬なら少しは竿抜けあるだろうと始めるも、全く反応無し釣り下がり瀬頭の浅いところで一匹目を掛けるも暴れ回ってバレ、安倍川の鮎は良く引きます。2匹目は21cm背掛りでこれも良く引きました。その後は2匹連続でバレで、周りを見ても釣れていないので移動で玉川に行って見ます。私の車でも水際まで入れるところで、良さそうなところはかなり攻められている様子。
c0176183_23485313.jpg
水も少なく相当に厳しいと感じましたが、一匹目が掛るとポツポツ掛りはじめ形も良いのが混じります。途中ドンブリが有り途絶えてしまいましたが、3時頃から釣り人少なくなってきたので、少し上流まで釣り歩き4時までに11匹でした。
c0176183_23505737.jpg
c0176183_2350411.jpg
静岡の人は瀬ばかりですが、水も冷たく鮎の引きが強いので安倍川が出来れば安倍川でとの人が多いですが、それにしても凄い人出でした。
[PR]

by 634p | 2013-07-23 12:12 | 鮎釣り | Comments(2)

2013 気田川 4

7月20日 土曜日
先週釣れたのでまた気田川です。マルと散歩してから出かけたので到着が遅くなりどこも満員状態、前回のポイントは左岸側に一人、ここが前回一番釣れたポイントなので違う場所を中道オトリ店で教えて貰い行ってみますがそこも車が4台、要所々には釣り人が立っています。上流部も見て歩きますが、それらしき所は必ずいます。6月に初めて来た時に入った場所が誰も居ないので始めると開始10秒ですぐに来てこれは楽勝かと思いきや、次は抜く時バレその次も空中でバレ、その後は全く反応無く、釣り下がり激流のヨレで漸く一匹掛けただけ、私の釣り方では抜かれた後は手も足も出ない。ガマンできずに動き回り、誰も差さないところを探していつも一匹掛ければ終わりではどうにもなりません。10時頃諦めて場所移動です。 今回は、駐車スペースと川の状況を見ながら何ヶ所も車を入れて走り回りました。下流域は川に直接車が入れるところは少ないですが、道路わきのふくらみに皆さん駐車しているようで、そのような所はすでに一杯でその近辺には良い瀬が必ず有りました。11時30分頃駐車スペースを見つけここで早弁。前の瀬には4人入っていますが、その下の小石のチャラ瀬には誰も居ません。
c0176183_8461812.jpg
そこで始めると左岸側の浅いところで小さいながらよく掛かります。少し間があくようになり下の瀬に移動、ここでも浅いところで気持ち良いアタリで掛かってきますがここも同じでまた移動、気田川は小石で平らなところが多いので比較的楽ですがこれの繰り返しでよく歩き疲れました。もう少し釣って居たかったのですが、薄暗くなり仕掛けも見えにくくなったので、元の小石底のチャラで3匹追加して終わりにしました。
c0176183_8471386.jpg
(釣られた後に入ったので全体に小さいですが6月のようなチビは釣れなくなりました)
c0176183_8472596.jpg

〔帰ってからの計測21Cm)  27匹、「気田川」面白い。
[PR]

by 634p | 2013-07-22 14:47 | 鮎釣り | Comments(2)

2013 藁科川3 

7月14日 日曜日
夕方からバーベキューの予定が有り、近場でと藁科川に。今回は上流の状態を確認して置きたく諸小沢の合流点まで行って見ました。
c0176183_2272591.jpg
橋の上からしばらく見ていましたが、全く鮎は見えません。ハミ跡はあるようなので時間で出てくるのかもと思いましたが、ここならとの場所にも見えず、川を見ながら下流に下がります。坂ノ上の段々瀬で誰も居ないので始めますが、釣れる気配がしません。
c0176183_2275173.jpg
早めの移動で釣り下がります。遠くに一人入ったようですが、その人も釣れないのかどんどん釣り下がって見えなくなりました。それでも砂地の際で17cmが来ると、次もすぐにいいアタリできましたがバレ、また釣り下がり2匹追加し元の瀬に戻るもやはり釣れず小さいの一匹追加の4匹で、11時頃下流に移動します。坂ノ上まで上ると景色も、水も綺麗で冷たく、人も少なくと良いことばかりですが残念でした。下流まで下ってくる時、小島・鍵穴など見てきましたがどこも家族連れが多く、違った意味での楽しみもありますがパスしてきました。新間川合流地点で12時30分頃始めると、16~18cmが気持ちよく掛かってきます。
c0176183_228539.jpg
ここも放流した鮎が成長して引きも充分楽しめ、天然のチビもいいアタリで来るので面白いです。2時頃までに10匹といい調子でしたが、少し下流に移動するとバレ連発で3時30分まで一匹も獲れず、早めに終わりました。下流域は鮎が良く見えます、釣り人は多いけど結構楽しめます。14匹
[PR]

by 634p | 2013-07-18 11:28 | 鮎釣り | Comments(0)

2013 気田川3  

7月13日 日曜日
漸く川も落ち着いてきたようで、新東名で近くなった気田川3回目です。
中道オトリ店に7時到着、上流に向け走りますが、この日はどこも釣り人が入っていて、良さそうな瀬は占領されています。下流に戻り人の居ない場所を探して入ります。この場所は川の近くまで車が入れられ、安心して釣りが出来ます。
c0176183_20294130.jpg

朝一はチビを狙って瀬脇を細かく探りますが6月に来た時と感じが違って、すぐに掛かって来ません。川の状態が良くなって来ているので浅瀬のアカ付きの良いところは釣られているようで、小さいのを2匹釣ったところで、流芯を狙うと良いのが掛かって来ます。右岸を一通り釣り、対岸に渡ると景色が一変します。今までと同じ所も全く違って見えます。左岸よりに馬の背を見つけ、しかも良い色しています。
c0176183_2031713.jpg
その付近で17cm~19cmが入れ掛かり、思わずこれが脳汁タラタラ状態かと一人ニンマリ。
c0176183_20304154.jpg
9時30分頃根掛りでプッツンしたので一旦戻り、オトリカンに移す時に数えると21匹でした。まだ時間も早いので場所移動を考えましたが、人も多かったのでそのまま釣ることに。やはりその後は、なかなか掛からず同じところをポイントずらして行ったり来たりで、ポツポツ掛け、4時30分までで17匹、計38匹。形も良く目印すっ飛ぶ当たりも多く、嬉しい一日でした。やっぱり鮎釣りは面白い。
[PR]

by 634p | 2013-07-17 20:41 | 鮎釣り | Comments(2)

狩野川 3

7月7日 日曜日
朝5時出発で狩野川です。motoさんと待ち合わせて、まだ水も高いので上流部に入ります。霧雨が降り少し冷たい風が吹いたり生暖かい風邪が吹いたりとまだ回復しない変な天気です。着替えていると遠くに「燃える男Dさん」発見。ご挨拶方々ポイント調査の予定で釣り下がり、川が曖昧に2本に分かれている浅い方でチビでものオトリ確保狙いで始めます。しかし想像したよりもさらに小さいのが釣れて来ます。中にはオトリに出来ないサイズもいて、振り向いて本流の強いところにに入れても少しサイズ上がるだけなので、数狙いで浅いところを昼までやってみました。(ここもポイント的には絶対と言う良い所です)少し日も差して気温も上がってきたので、、午後は下流に移動。石色を見るとここも魅力的では有りましたが。

1時頃から始めますが、風が強く水量も多いので、竿は龍星竿でチューブラに、ここはサイズも良くアタリも引きも良い感じでした。もう少し水量少なければ、もっと広くポイント探れたのですが、最近はすぐ足が攣るので立ち込むのが怖くなりました。同じところを何度も行ったり来たりで、次第にサイズ落ちてきたので4時頃終わりにしました。27匹
c0176183_20321167.jpg

上流でまた大きな鹿に遭遇。困~ったような目でこちらを見て急流を渡って行くのでどうしたのかと思ったら、後から猟犬が3頭追いかけて来ました。鹿は川を渡った後で、匂いが途絶えたのか犬達はウロウロしていましたが、諦めて帰っていきました。あの目を見ると有害駆除だったのでしょうが助かって良かったと思ってしまいます。
[PR]

by 634p | 2013-07-07 20:32 | 鮎釣り | Comments(2)

御前崎沖 イサキ釣り

7月3日 水曜日
Mさん、どうしても金州に行きたいとの事で御前崎「増福丸」さんにお願いしましたが、金州はサメが多く前日の状況もがあまり良くないとの事で、御前崎沖のイサキ五目釣りに変更となりました。
朝早いうちに雨がパラパラ来ますがすぐに止み、無風でベタナギの絶好のコンディションです。
c0176183_11274024.jpg


朝のうちは食いが悪く場所移動を繰り返します。イサキとメジナがポツポツ釣れる程度で、悪い事にコマセをするとすぐに鯖が回ってきます。そのうちサメも現れ、上げてくる途中持ってかれてしまいハリス切れ多発です。船長、こまめにポイント探ってくれるので、コマセをしないで拾い釣りの感じで数を稼いで行きます。10時頃、浮き漁礁のポイントに入り良型イサキが掛かりだし、時々トリプルも有り、イサキ52匹、メジナ5匹・真鯛800g1匹・鯖多数で大漁でした。
大漁ではあったのですが、食いはチョッと渋く、鯖・サメに邪魔された中、他船の釣果を見ると船長のこまめなポイント選び・移動が全てだったと思います。
c0176183_123228.jpg


クーラーを秀和ビックレジャー75に変えました。大きくて保冷力も抜群でスゴク良いです。でも沢山釣ると一人では持ち上がらないです。
c0176183_12185376.jpg

[PR]

by 634p | 2013-07-04 12:25 | 海釣り | Comments(0)

2013 藁科川2

6月30日 日曜日
土・日で狩野川を予定したのですが、急に土曜日が仕事になり行けなくなりました。Dさんスイマセンでした。もっと釣りに時間が取れるようになると思っていましたが、なかなかそうもいかない様です。朝起きると雨が降っているので近場でと藁科川を橋の上から見てみます。薄い濁りがあるものの充分に出来る状態、下流でオトリを買い新間川合流付近に入ります。駐車場でお会いした地元の方から色々と情報頂き、釣り始めるもどこも石が泥を被りいい状態では無く、細い分流だけ綺麗に磨いてあったので、時間が経てば本流も良くなるだろうとここで小さいの狙いで始めるも2連続バラシスタート、30分ほど違う所を探り戻ると4連続で来ます。ここで7匹、それを持って本流に移動、瀬頭で始めると昼までに8匹、小さいのもいますが割と形も良く目印飛ぶアタリも有り、久々に良い感触でした。午後はまた同じ場所で始めるもポツポツ程度、急に釣り人も増えてきたのでまた朝の分流付近に、ここでも小さいのが釣れはじめ5時までで12匹の合計27匹で、楽しい釣りでした。
c0176183_22561281.jpg

[PR]

by 634p | 2013-07-01 13:00 | 鮎釣り | Comments(3)