2014  興津川 1

8月21日 木曜日  激混みの興津川
今週末、琥太郎一家が来静の予定で鮎が食べたいとの事、釣って来いとのお達しで好調との情報も有り水が綺麗で鮎が美味い興津川に行ってきました。調べてみると一昨年8月以来であまり場所も詳しく無いので20年位前に清水のOさんと入った事がある土村キャンプ場の1kほど上流で川がカーブしていてアカが残ると思われる場所です。鮎は全く見えませんが、小砂利にもアカが乗り綺麗になっているので始めるとすぐ掛かり周辺で3匹釣り堰堤下に移動します。ここは石も大きくアカも乗っていい感じです。ここでもすぐに3匹釣りますが、水とカメラ忘れたので一旦元に戻ると、遠目にも上手そうなイイ感じで釣っている人が、この川の主のような人Mさんでした。
(今日は気合をいれ早くから出てきた、目標は60~70匹と。結果61匹、激混みの中、入る場所も遠慮しながらさすがです。了解頂き撮影)
c0176183_9373116.jpg
声を掛けさせてもらい少し釣りを見学させてもらいます。やっぱり上手い人は丁寧です。浅い小石の瀬をなめるようにオトリ引いていて、私が朝やったところで40分程で11匹との事。もう一度ここをと思って上がってきたのですが、Mさんのアドバイスを頂きまた堰堤下に入り直します。
c0176183_9412775.jpg
c0176183_9413642.jpg

ここで1時までに15匹で計21匹。(塩焼きサイズがほとんど)
場所移動するもどこに行っても釣り人と水浴びの人だらけ、大網の駐車場にはバスまで、(北陸遠征の予定を変更したのでしょうか?)清地の駐車場も満杯、あちらこちらウロウロして時間潰してしまい、入った所は瀬に誰もいなっかったので茂野島の橋下ここもかなり攻められているようで掛かっても小さい。4匹釣り終わりにしました。木曜日にこんなに混んでいるなんて、移動が失敗でした。
25匹
移動中に白くなった鮎も出てしまいました。
c0176183_9482497.jpg

[PR]

by 634p | 2014-08-22 09:57 | 鮎釣り | Comments(8)

2014 盆休み

8月14日 木曜日  竿 新調するも・・・・
盆休みながら地元の川も北陸も増水・濁りで釣りにならず。狩野川はむしろ渇水状態で厳しいと予想されるものの出来るのは確実、motoさん前日から入って好釣の様で6時出発です。新東名は上りですのでそれほどではないものの伊豆縦貫道はかなりの混み様でした。何時ものオトリ店に向かいますが車から見える狩野川は何処も満員状態で厳しそう。案の定オトリ店に着いても駐車場は何時も見ない車で一杯です。店前から橋はもちろん入れません、何時も空いている橋下から栗林も4人入っているので上流の瀬から。この日は、新調の竿ですが自宅で伸ばした時時アレっと思ったのが的中、オトリを付け瀬に入れると安定しません。肝心なところで下に落ちてしまうし、ここで止めて待てば来ると思える石の横の流れではオトリが浮き気味でユラユラします。少しでも下竿にするとますます安定せずイライラのし通しです。午前中早めに昼飯にして、午後からは栗林が空いたのでそこから強めの瀬を試して見ますが、上の瀬でダメだったのが良いわけも無く、5時30分頃までやってみましたが、思うような釣りが出来ずイライラの一日でした。24匹 
c0176183_105054100.jpg

この日の唯一の救いは夜のmotoさんとの一杯でこちらは楽しい時間でした。お付き合いありがとうございました。

8月15日 金曜日  昨日と同じ場所を
新竿の調子が自分の釣りに合っていないのが気になり、この日は前日使った仕掛けをそのまま龍☆竿に付け、(征龍竿は複雑骨折中)同じ瀬から同じ場所を釣って見ます。
c0176183_11521484.jpg
c0176183_11522465.jpg

やはりです、しっかり入っている感じで落ち着き、落ちて欲しくない所でユラユラしません。感度も全然違い釣りが楽しい。前日釣ってあるので同じ所ではなかなか掛からないものの、違う所に入るので短時間で釣果が出せました。一旦店に戻ると昨日と違い店前に誰も居ないので、久しぶりに解禁に良く釣れた所を挿すも、全くダメで2時間ほどで1ッ匹、栗林にはどう言う訳か次々に違う人が入っているし、橋上はT名人が朝からジックリと攻め良く釣っています。昼飯に上がり午後からは、風が強くなってきたので、また新竿に持ち替え普段はやらないトロ場で泳がせを、この釣りなら感度もいらないし、ブレも関係なく竿は軽いので問題有りません。2時頃からようやく釣れ始め良い型も出始めましたが、楽しさは何時もの釣りに比べるとイマイチ。
c0176183_11535223.jpg

(狩野川で初めてアユカケを釣りました。カワイイ)
c0176183_11541682.jpg

4時頃Mさんが型はどうだと見に来てくれたので数をすると25匹、まだ帰っても道中混むのでもう少しとTさんが上がった橋直下に、一匹掛けたところで上流に入ったTOMOさんが帰ってきたので、4時30分上がりました。26匹 釣れない時間が長すぎました。
やっぱり征龍竿・龍星竿の感度と引きの具合はイイ。今度はメーカーのカタログに惑わされる事無く、見てから買うことにしよう。買ってくれると言う奇特な方も居られるようですが、諦め悪いのでもう少し使ってみます。
[PR]

by 634p | 2014-08-18 12:01 | 鮎釣り | Comments(4)

2014 気田川 5

8月9日 土曜日 台風が来る前に
台風11号の動きが遅いので何とか一日できればと気田川に。8時頃、何時もの場所でと行きますが先行者が、オトリ缶を浸け少し見ていると2匹釣ります。取り込みも上手く挿している場所も絶対と言う感じの場所でおそらく下の急瀬まで釣るのだろうと、遠慮して場所を変え上流のmotoさんと昨年入った場所に、ここも先行者で一段したの瀬に入ります。
c0176183_164130100.jpg
見た目は釣れそうな感じがしたのですが30分何も無し、上流を見ると朝あった車が無く誰も居ないので、本命と思われる場所の少し上から始めるとすぐに掛かり連続で8匹、形も良くアタリも強烈、引きも強く下がって抜きました。
c0176183_16421975.jpg
c0176183_16415834.jpg
アタリが無くなったし良いオトリもあるので本命場所をとあちらこちらから探るも全く反応無く、朝釣られたのだろうと車移動で前回良く釣れた瀬に、ここも2人居ますがおそらく狙っている瀬はやっていないだろうと、オニギリ1個を食べ入るとここで連続で6匹、一旦下の瀬に入るも1匹のみ、また元の瀬に入ると3匹来ますが形が落ちてまた車移動、午前中釣れなかった本命場所が気になりもう一度入り直します。午前中後から下に入った人も帰った様で誰も居ません。また朝と同じ場所から始めると良く掛かります。朝よりもさらに強いアタリで回りは誰も居ないので好きな釣りが出来楽しめました。本命と睨んだ場所は、都合3回入り直して見ましたが5時少し前に4匹掛かっただけで、上の瀬肩の石色悪いと見た所で釣れ、本命と見たところで釣れない、石以上に自分の目が雲っているのではと思わせる一日でした。8時30分から5時まで休み無しで頑張り、雨が強くなって薄暗くなり逆バリ刺すのが大変になってきたので上がりました。41匹 
c0176183_16423961.jpg


〔何時も思うのですが順調に釣れている時、まっ黄色で(一段と黄色い)背鰭が大きく体色は蒼く少しやせている精悍な感じの鮎(フッセではない)が釣れてオトリにするとピタッと止まる現象がこの日も一回、去年も気田川で有り、これまでにも何回も経験してます。黄色の鮎が掛かれば追いが良くなっていると判断するのが普通の考え方と思うのですが、こんな事有りませんでしょうか?。〕 

気田川の鮎も成長してアタリも引きも良く面白い釣でした。上がるとメールで早く帰って来いとのこと、河原から自宅まで1時間10分で帰れました。気田川やっぱりイイ。
[PR]

by 634p | 2014-08-11 16:48 | 鮎釣り | Comments(2)

2014   8月 北陸遠征

8月1日 金曜日   北陸三川 珍道中
今年初の北陸遠征、今回はSUさん・Nさん・Yさんの4人で出発です。
第一日目は神通川。11時30分出発で新東名・藤枝IC=豊田JCT・東海環状道=美濃関IC・東海北陸道=小矢部砺波IC・北陸道=富山ICで降り、吉井オトリ店に4時頃無事到着。
前日、TOMOさん・道楽Yさんに連絡させてもらい同じ場所で釣らせてもらう事にしますが、我々では皆さんにはとても付いて行けず、せっかくいい場所に入らせて貰いながらポツポツ釣れた程度ですが、大きいのが釣れたのでみんな喜んでいました。
c0176183_12171.jpg

c0176183_1354161.jpg
お昼には、ホタルイカも頂き一杯やるのが楽しみな我々は、美味しく頂き一日目から楽しい遠征でした。また帰りにはオトリとお土産の鮎まで頂きありがとうございました。皆さんにはご迷惑をお掛けした事、お礼とともに申し訳なく思っております。28匹
夜は越中屋で岩牡蠣、白えびのから揚げと昆布〆・刺身盛など富山の美味いものを頂き、帰りにブラックラーメンをと思いましたが、見つからず探しながら桜木町界隈を探索?して夜の富山も楽しみました。
c0176183_1383887.jpg


8月2日 土曜日  珍道中二日目
庄川に向け7時に出発。途中足りなくなった仕掛けなど補充し、オトリと日券を買います。例によってお店の人と話ばかりしてオトリなど確認せずに庄川に着き、始める段になるとオトリ3匹しかいません。(単なる勘違いだと思います)すぐに釣れるからと始めるもなかなか釣れず、待ちきれないのでNさん買いに走ってくれます。
c0176183_1328047.jpg
そんな事でバタバタして午前中を終わり、またホルモンで一杯やりながら長い昼飯に、午後からは少し上の瀬まで歩き細く絞られた所の際で入れ掛かり庄川のヌルヌルの鮎姫のアタリと引きを堪能しました。(庄川の鮎は大きさの割りにアタリと引きは素晴しいものがあります)
3時30分頃急にアタリが止まり、福井まで走る予定なので4時に上がりました。42匹

8月3日 日曜日 珍道中三日目
ゆっくり食事をして、「もりいし」さんに、この日は勝山でやりたいとの強い要望で赤岩に。
c0176183_13315765.jpg

SUさんは何時もの岩の上からトロ場を、Nさん・Yさんはその上の瀬に入ります。私は人が多いので300mほど上の瀬の空いた所に、しかし減水気味で渋く周りの人もほとんど釣れていない様子。
トロ場だけポツリポツリとの状況です。昼に帰るとSUさんとNさんはここが良いと言っただけはあります二人とも形の良いのを5~6匹釣っていました。渋かったので数は出ませんが大型の鮎が釣れたので喜んでくれ、私もホットしました。7匹
c0176183_13471836.jpg

3時30分まで頑張り帰路につきました。三日間の珍道中の終わりですが、お二人は歳とは思えないほどの元気さで、楽しかったと言って喜んでんでくれたのが何よりでした。私も楽しかったです。
Yさん今回は私は楽をさせて頂きありがとうございました。また機会ありましたら、ご一緒しましょうね。
またお世話になりました皆様ありがとうございました。
[PR]

by 634p | 2014-08-04 12:04 | 鮎釣り | Comments(8)