「ほっ」と。キャンペーン

2014 狩野川 8・9

9月27日 土曜日  久々の狩野川
藁科川も気田川も増水・濁りで1週間?は出来そうに有りません。周辺で出来るのは興津川・富士川・狩野川。どこも引き水は早いようですが、やっぱり安定度バツグンの狩野川に決定。何時ものオトリ店の橋上が一人分空いていたので入れてもらいます。
c0176183_850745.jpg

朝から小さいながらも掛かり11時30分までに15匹。
c0176183_8503344.jpg

午後の部は1時30分スタートで栗林の瀬に、何時もはあまり掛からないところですが、滝手前で入れ掛り調子出て来たところで左岸の竹に引っ掛け、胸下までの所で大石をまたぐ時突き上げるような格好でまたしても#2骨折。何時もいい感じになって調子に乗ってくるとトラブル、まるで自分の人生のようで泣けてきます。すぐに竿を変えて入り直すも、やはりダメで5時に終了です。
28匹
c0176183_851101.jpg

夜の部は、Sさん・Oさんと何時もの居酒屋で一杯と近くの店でカラオケ。私は道の駅での泊まりなので、皆さんと別れた後にもう一軒寄ってもう一杯、イイ気持で良く寝れました。車中泊には良い季節です。

9月28日 日曜日  相変わらず人気の狩野川
朝一motoさんのウナギはどうだろうと寄って見ると、一つ目の仕掛けに掛かっていました。
c0176183_8514213.jpg
大物です。
ここで朝食を摂り、8時頃オトリ店到着ですがスゴイ人にビックリ、橋を渡ってゾロゾロと降りてきたようです。店前から橋までの間にまた一人分空きがあったので入らせてもらい、朝一から順調に掛かりTOMOさんが到着する頃には6匹、周りを囲まれ2匹追加して11時30分までに8匹。何時もの長~い昼食ですが、その頃にはゾロゾロと降りてきた人達もいなくなり、午後からは栗林の人達もいなくなり、そこに入ります。やはり午前中かなりの人が入ったので釣れず、滝の中で良型を4匹、それを持って滝上でポツポツと掛けて、店前に3時30分戻ると橋上で良く掛かりイイ感じで4時30分終わりにしました。25匹
c0176183_8523756.jpg

最大でも20cm位と全体に小さ目でしたが、微妙な釣りになってきてかなり面白かったのですが何時もと違う釣りで、良いアタリを楽しむものではありませんでした。やはり少し早い感じで進んでいるのでしょうか?。
[PR]

by 634p | 2014-09-30 09:21 | 鮎釣り | Comments(4)

2014 藁科川 7

9月23日   藁科川 上流
10時頃 藁科川の上流部に到着、誰も居ないと思ったら、瀬頭に一人居たので、一段下の瀬に大石の頭ですぐに4匹掛かり、それを持って下流の瀬に入ると瀬頭ですぐに2匹来たので、これは下流の淵までの白泡をやれば結構出るぞと嬉しくなり、釣れたばかりのオトリでここぞとの強い流れに入れていきますが全く反応なし。
c0176183_16144050.jpg

何回も入れ直して見ますが同じで釣り下がり泡の中で4匹掛け、また戻り入れて見ますが全く掛からず珍しくここで粘り過ぎてしまいました。
c0176183_16151871.jpg
1時過ぎに腹も空いてきたので車に戻り(結構歩くので場所移動しながらの食事)下流に移動します。21日に入った場所には誰も居らず、そこで始めるも先日よりも石色が悪くすぐに下流のテトラに移動で2匹掛けそのオトリでまた瀬に戻ります。しかしこの日は掛かりません。そのうち掛かるだろうと待ちますが、一向に地合いは来ず、4時頃子供達が待っているとの事で終わりにしました。ここで6匹で 計16匹で厳しくて癒されない藁科川でした。キツイ瀬はこの時期は掛りがわるいのか?、際の小砂利のような所ばかりでした。泳がせで上手く釣れればもっといけるような気もします。〈私は出来ませんが)
[PR]

by 634p | 2014-09-25 16:18 | 鮎釣り | Comments(2)

2014 気田川6・藁科川6

9月20日  迷った末に
台風16号の発生で週明けから影響もとの事で、どこに行くかでかなり迷います。狩野川は雨が降っても回復が早いので、行くなら雨の量によっては出来なくなる可能性がある富士川か天竜川か気田川、前日のSGさんの情報では藁科川がアカが付いて下流部で型も良く爆釣との事、ご近所のSさんは昨年良かった大井川にで本当に迷います。迷った挙句決めたのは気田川。理由は征龍竿を久しぶりに使いたい、石の見える川で小型でも綺麗で小気味良いアタリを楽しみたいです。
c0176183_11295341.jpg

朝8時30分到着,数ヶ所見て回るもすでにらしい場所は入っています。何時もより一段上流の瀬に決めますが、石色があまり良くなく砂が多くなっています。それでも始めるとすぐに掛かり4匹までは狙った所で掛かりますが、鮎が少ないのかそれからは単発で11時までに8匹。移動を決め何時もの瀬に行くと朝入っていた2人がいないので、ここで際を泳がせで登らせるとポツポツと掛かりますが、
泳がせは苦手ですぐに厭きてしまい、波立ちの瀬に入れたくなります。しかし全体に石色悪くなかなか厳しく苦戦の17匹でした。明日は石花海のイサキ五目釣りの予定なので早目の3時30分終わりにしました。しかし終始曇りで寒い一日でした。

9月21日  癒しの藁科川
前日、台風の影響が出ているとのことで太郎丸の船長から中止の電話、期待していたのでガッカリですがこればかりはどうにもなりません。
朝、マルの散歩をゆっくり1時間ほどかけて某川のほとりを歩きます。鮎はウジャウジャいますが釣る人は居ません。
9時頃出発で久しぶりの藁科川なので下流部から見て歩こうと決めます。木枯らしの森の周辺は何時もなら友釣りはほとんど居ないのにすごい人出です。カインズから入ってビックリ、ここも駐車してある車の数はスゴイの一言。
c0176183_11303077.jpg

その中に見覚えのあるSGさんの車発見。今来たばかりで一人分空いていたので急いで入ったとのことで話しながら見ているとすぐに良型を釣ります。
c0176183_11311955.jpg

この日は、連合会の大会で40~50人ほど入って居るので、何処も満員。上流に行くと言うととりあえず着替えろとの事で、結局周りを囲まれて竿だしすることに。SGさん居なければすぐに避難と言う状態でした。期待せずに釣り始めたのが良かったのか、浅いところで1匹掛かると周辺で7匹掛かり良い感じ、早目の昼食を摂り今度は車の前で始めすぐに2匹くるも朝から攻められているので単発。少し人が疎らになってきたので上流の瀬に入るとそこで地合いか入れ掛かりになり、前日とはうって変わっての暑いくらいの好天気で気持ち良い釣りになりました。
c0176183_11321797.jpg

c0176183_1132303.jpg
26匹で、こんな近場で穏やかな流れと綺麗な鮎に癒された藁科川でした。
[PR]

by 634p | 2014-09-22 11:35 | 鮎釣り | Comments(4)

2014 北陸遠征4 九頭竜川中部 

9月13日 土曜日 3週連続の九頭竜川
3時30分出発でまたまたまたの九頭竜川です。天気も良く高速は順調に走れ、「もりいし」さんに
7時到着、すぐにオトリをもらい何時もの右岸で準備しているとTOMOさんと新潟のKさんが、一緒に朝食を摂りゆっくりしてから入るともう満員状態、サギリの杭打ちとかで40cmの減水でどこでも入れる状態です。中州に渡り何時もの場所からスタートしますが先週よりもさらに浅瀬にハミ跡が見えません。それでも流芯に入れるとすぐに掛かり午前中は8匹、12時に昼飯に上がり2時からスタートで夕方の入れ掛かりを期待するも減水の関係かそれもなく、終始ポツポツで21匹でした。
c0176183_112899.jpg

夜の部は、三河テント村にお世話になり、ヘルニアさんご兄弟と楽しい食事で、涼しいので焼酎のお湯割りが美味くイイ気持ちになりグッスリ眠れました。

9月14日 日曜日  何故か?左岸よりも右岸側に並ぶ釣り人
朝7時頃から釣り人が入り始めます。何時もは左岸側に釣り人が並ぶのにこの日は何故か右岸側からの人が多く瀬に隙間なく並ぶ状態です。これは厳しいなと見ていると遠目にもすぐに解りました。ひじきさんです。すぐに掛けて順調そうなので、9時頃着替えてまた中州に渡り昨日と同じ場所からスタート、良い型もでて午前中8匹ヘルニアさんご兄弟が帰り仕度なので一旦戻りご挨拶の後食事をして1時から午後の部スタート。
c0176183_10541942.jpg
相変わらず釣り人多くなかなか釣れず、これは夕方の人が少なくなってからに期待だと浅瀬で小さいのを掛けながらその時を待ちますが、翌日も休日で皆さん薄暗くなっても帰りません。結局また5時30分までやりますが山の上に雲が掛かり陽を隠したので、寒くなり終わりにしました。土手に上がってもまだ頑張っている人もチラホラ見えました。19匹
テント村には新たなテントも張られ、皆さんと色々な話をして6時40分、今年最後になるだろう九頭竜川を後にしました。 今回も楽しい釣行でまだまだ未練は残りますが、また来年と致します。

今年、九頭竜川でお世話になりました皆様、お蔭様で本当に楽しく過ごせました。ありがとうございました。まだ地元の川で11月まで鮎釣りです。こちらにこられる時はぜひお声をお掛けくださいませ。
c0176183_10544024.jpg

[PR]

by 634p | 2014-09-16 10:58 | 鮎釣り | Comments(6)

2014 北陸遠征3 九頭竜川中部

9月5日 金曜日  オラオラ釣法と鮎ちゃんはどこですか~釣法
3時出発でまたまた九頭竜川です。6時30分頃三河テント村に到着、TOMOさん・乾坤一擲さんはすでに到着でヘルニアさん・パパさん達と歓談中です。この地区に大雨洪水警報が出ているとの事で少し話しているとカミナリとともに強く降りはじめ心配しますが9時頃止み、降った割には濁りも水も増えず何とか釣りは出来そうです。
c0176183_12503725.jpg
c0176183_12505176.jpg

この日も朝から「オラオラ釣法」全開で行きますが全然釣れない君でして、お二人を心配をさせてしまうほどの貧果に午後からは竿を変えて、「鮎ちゃんはどこですか~釣法」に切り替えます。
c0176183_13281464.jpg
濁りが入り少し水位も上がったようですが、釣りは出来る程度で問題なし。何時もの事ですが何しろ石が見えないのでどうしても我慢できずつい動いてしまう悪い癖は変わらずですが、感度が良いので石の状態が解り、掛けた所でなるべく粘る釣りに徹していると4時頃から出し掛かりに、型も良くなり調子に乗ってつい竿を絞るとパ~~ンと#3から逝ってしまう大失態で濁りも有り深いので回収できずに痛恨の撤収でした。 この日も乾坤さんに午後からのオトリもらい結局5匹スタートで18匹。泣きの13匹でした。ヘタクソ。
c0176183_13293135.jpg

釣りは何時もの如くでダメでしたが、夜の部は、大阪のOさんと三人ですき焼で盛り上がり、また良く呑み楽しい時間でした。
c0176183_13291047.jpg


9月6日 土曜日  スパーライトⅢ花盛り 
昨日の失敗を反省して、ようやくですがSLⅢを手に入れます。ワクワクの使い初めですが、なかなか掛からなかったもののなぜか気分的に落ち着きを取り戻し、ジックリ待ち丁寧に探ると昨日釣れなかった場所でポツポツ拾える様になります。午後からもポツポツでしたがやはり4時頃から良い感じで掛かりこの日は24匹。このところの釣れない状態を見るとこれでも良かったと思える。情けなさです。この日、周りはSLⅢが花盛り状態、人気ありますね~。
夜は、先週と同じ居酒屋でTOMOさんと呑み、リライムで風呂に入り寝る前に、おろし蕎麦とビールを一杯、仮眠スペースでグッスリでした。

9月7日 日曜日 SLⅢで釣りに落ち着きが
何時ものように午前中だけですが、何故か昨日から釣りに落ち着きが出てきました。朝一も出し掛かり、次もすぐにで4匹目までは好調でしたが、2連続バレと根掛り、次は前日の仕掛けが中ハリスのハナカン上で切れドンブリ。その時TOMOさんにしっかり見られ、そのヘッピリ腰ではダメ。もっと竿を絞らないとのされて獲れないとのお言葉、実際に釣って見せてもらい抜き返しの手ほどきを受けました。 この週で九頭竜川遠征を終わろうと思っていたところですが、もう一度試してみたい気持ちに駆られています。納得の5匹

今回も沢山の人にお会いでき、楽しい釣行でした。皆様ありがとうございました。
[PR]

by 634p | 2014-09-11 13:31 | 鮎釣り | Comments(6)

2014  北陸遠征2  九頭竜川中部

8月29日 金曜日  九頭竜川 楽し
arisriさんと「もりいし」さんで7時待ち合わせなので、少し余裕を見て2時30分頃出発します。
順調に走れ6時頃北島橋に到着、まだ待ち合わせには早いので岩盤瀬で乾坤一擲さんとお久しぶりのご挨拶、夜が楽しみです。6時45分にariariさん登場で初めてですが鮎・カワハギ釣りの話で盛り上がり楽しい一時でした。乾坤一擲さんとはお昼に合流予定で釣り始めます。
c0176183_1310333.jpg

濁りが有り20cm程高い状態ですが釣りには全く問題なく、オトリ付け離すとすぐに一匹目が掛かり今日はイケルかなと思うもいつも通りでその後はシーンでガリガリ引きずり回し自滅でした。ariari
さんは朝から順調に掛けていて午後からは下流の合流点では入れ掛かりを見せてもらい、瀬の切り方といいさすがの釣り師(漁師)と思いました。昼からは乾坤一擲さんと一緒にお昼のBタイムを過ごしまた同じ場所に入ります。私は体が慣れず手・足が攣りまくりで撃沈の一日。14匹。ariariさんは30匹近く釣ってたのでは?と思います。4時半頃ariariさんと釣り場で、カワハギ釣りの約束をしてお別れました。ariariさん楽しい釣りで、ありがとうございました。カワハギ釣りはお邪魔させて頂きますので宜しくお願いします。
この日の夜は、乾坤一擲さんが焼肉を私がモツ鍋で歳に似つかわしくないスタミナ重視のメニュー
。まずはビールで乾杯、次は特選吟醸「黒龍」を次は芋焼酎「黒霧島」にariariさんから頂いたシークワーサーを絞り入れ二人で飲み干しイイ気持で私は前夜寝ていないので意識朦朧でした。乾坤一擲さん美味い物・酒また面白い話でホントに楽しい夜でした。ありがとうございました。またやりましょうね。

8月30日 土曜日
朝は、5時までバッチリ寝て気分爽快。朝飯の準備をしているとTOMOさんがスゴイ勢いで登場、釣りの意気込みが伝わってきます。7年目のたかしまさんを待ちながらゆっくり朝カレーを食べ、釣り話で盛り上がっているとWARAさんが、そのうち7年目たかしまさんもで、揃って前日と同じ場所に入ります。
c0176183_1484845.jpg

c0176183_1491624.jpg

皆さん順調に掛けていますが、私はいきなり根掛りで1匹目を二匹目はオトリをタモに出して転び逃がすお粗末で、開始20分で乾坤一擲さんに2匹オカワリで恥ずかしい。
現場売り1匹1000円ですね。4000円
TOMOさん昼前の手前の2匹で今日のパターンは掴んだと、WARAさんは上流で振り向くと何時もオトリを付けています。7年目さんもマイペースで着実にという感じで釣ってます。私は、体も水に慣れてきて一日中攣ることもなく体は快調ですが、相変わらずの乱暴な釣りで、あちらこちらをウロウロでサッパリ。お昼は早く上がった乾坤一擲さんがゆずソーメンを作ってくれ、焼肉・ソーセージ・肉団子で皆で釣り談義の楽しい食事。
c0176183_156428.jpg

Egaoさんも娘さんと来てくれ、私に絵本を見せてくれ良く話してくれました。可愛いくてこれではEgaoさん鮎なんて目に入りませんね。
お昼で、再会を約束して乾坤一擲さんが帰られ、残った4人はまた同じ場所に、waraさんは一足先に帰られ3人で5時半頃まで頑張りました。14匹(涙)
c0176183_1517856.jpg

この日の夜は、TOMOさん・7年目のたかしまさんと私の3人で泊まり。フナヤさんで風切竿・スーパーライトⅢなど見せてもらい近くの居酒屋で一杯。またまた鮎談義に花が咲き美味いお酒が飲めました。

8月31日 日曜日
朝一のんびりと温泉に浸かり7時から食事、9時頃からまた同じ場所に入ります。
この日は、12時までの3時間でTOMOさんと上がる予定です。
c0176183_17384978.jpg

3人で釣っていると下流でバリバリ掛けている人が、ヒジキさんでした。果敢に立ち込んでの九頭竜返し見させてもらいましたよ~。午後からも釣ったんでしょうね。
私は、またまた釣れなくて小さいのが2匹でした。年々釣れなくなって行く様です。(寂)

頂いた高級食材 鮒寿司を薩摩白波のシークワーサー割で、美味い!
c0176183_15172566.jpg

今回、お世話になりました皆様本当に楽しかったです。ありがとうございました。
         乾坤一擲さん次回の夜の部はまかせてくださいね。
                 
[PR]

by 634p | 2014-09-02 18:00 | 鮎釣り | Comments(8)