2014 鮎釣り 6月7日・8日 

6月7日 気田川
解禁の評判が良かったので、気田川に行ってきました。中道オトリ店で年券とオトリを買い、状況を聞くと、支流が良いとの事、杉川出会いから少し上流部まで見て歩くも釣り人多く狭い川なのでパス。本流に戻り去年良かったところに行くと先行者着替え中で車が4台ここもパスで「日本一きれいな川」の植え込みの前の瀬にも先行者でパス。ウロウロ走り回り誰もいない場所を上流に見つけ入ります。
c0176183_13445632.jpg
ここは川が二本に分かれていて本流は右岸側、際にはアカが乗っているものの流芯は薄っすら状態、そこで始めるも天然のチビがバレまたバレ、ようやく釣れたのも小さくオトリにやっとの状態、3匹釣った所で場所変え「日本一きれいな川」の瀬は先行者場所変えか一人だけなので入るも全く掛からず、また車でウロウロ午前中は走り回って終わり。どうも去年と違い天然の小さいのはいるものの、まだ本当に小さく帯状に上って行ったり塊になっていたりで対象にならない状態です。放流物は抜かれているようでなかなか掛かりません。ようやく見つけた場所は駐車場からかなりの距離、川を見ながら歩くも途中の状況は竿を出すほどではありません。めぼしを付けていた長~くて釣れそうな瀬に誰もいません。
c0176183_13581276.jpg
c0176183_13582144.jpg

何時もなら掛かるだろう際のアカ付きのいい所で(色は良く無い)天然物チビを狙うも掛からず、少し水深のある石が点々としたところで放流物を掛け同じような所を狙いポツポツ掛けますが、ペースはあがりません。長い瀬を釣り下るも掛からず。午前中の雨で杉川が濁り本流にも影響がでた3時30分終わりにしました。12匹(放流物8匹)
c0176183_14134927.jpg

解禁したばかりで連日入っているのでしょうが、去年に比べると天然物が少なく(まだ小さい)厳しい感じがしました。

6月8日 藁科川
8時45分とゆっくり目の出発で藁科川へ、途中で年券とオトリを買い見て歩くも、中流域は連合会の大会で釣り人が多い。上流にのぼり誰もいない場所で始めるも昨日の気田川と同じ状況、見える鮎は少なく厳しそう。
c0176183_1434058.jpg
c0176183_14341793.jpg
ここでも歩き比較的明るい石がある所で掛けるも後が続かず、この日もあちらこちら歩き回り放流物を6匹天然物2匹でした。
c0176183_14344135.jpg
元々砂利が多い川ですが、さらに埋まって石が疎らに入っているような所が多くなりました。小砂利にアカが乗れば釣れるのでしょうが、その様になる頃には水も少なくなり、釣りにくくなるでしょう。

藁科川は1ヶ所入っただけですが、比較的出ている石は少ないものの大きな石は磨いてあり鮎が居ないのではないのでしょうが、小砂利のアカが付いたところは曇っていて、天然物が少ないのかという感じがしました。

気田川も昨年のようにチビが釣れれば面白くなるのでしょうが、放流物が抜かれると釣れない状態では厳しいのでは、遡上したのが大きくなるのを期待します。

by 634p | 2014-06-09 14:48 | 鮎釣り | Comments(2)

Commented by flymoto at 2014-06-09 20:14
こんばんは気田川厳しかったようですね。
好調になったら是非今年もお邪魔したいです^^
Commented by マルパパ at 2014-06-09 21:09 x
motoさん こんばんは
まだこれからと思いますので、判断するのは早いと思いますが、私の拙い目で見ても去年とは違うと感じました。でも釣り人多いと言っても川が広いので、探せば誰も居ないところ有り、のびのび出来て面白く楽しめました。遡上の鮎が大きくなってくれるよう祈ってまた行って見ます。大井川も今年はあまり良くないようですが、変化が有りましたらまたお知らせします。今年も是非ともお出掛けください。