2018年 11月 鮎釣り

11月3日  藁科川
まだオトリが元気に泳いでいたので藁科川の最下流部に行って来ました。9時30分頃到着で見える範囲に2人、アカ付きは良いので期待が持てますが先行者に聞くと全く釣れないし鮎の姿も見えないとのこと、確かに500m位歩いて見ても鮎の姿は見えません。上流で釣っていた人も移動で見えなくなります。これは厳しいと思うも石色はそれ程悪くないのでこの周りでは深めの石が入っているところで始めるとすぐに17cmが背掛りできます。これは泳げばまた掛かると放しますが背掛りですが中層を泳ぎ回り落ち着きません。重めのオモリを付け止めて待つとまた掛かります。次は良く泳ぐのでカミに登らせもう1匹、次は泳がないのでまたオモリで吊りながらもう1匹、ここまで2時間かかりその後は1時まで全く掛からずでした。4匹 藁科の鮎はまだ若く釣れてくるのは白かったのですがやはり元気が有りません。今季はこれで本当に終わりにします。
c0176183_12483640.jpg
もうコガモもオオバンも数が増えてきました。鮎の季節は当地でも終わりですね。


c0176183_12501304.jpg


c0176183_12503296.jpg
しかし、こんなの見せられるとまだいけるなんて思ってしまいます。この鮎はメスで20cmほどに見えました。
カワセミ撮りのこの川にはまだ白い鮎が群れで泳いでいます。


by 634p | 2018-11-05 12:52 | 鮎釣り | Comments(0)