人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2021年 9月  九頭龍川3日間

9月9日・10日・11日

9日朝3時出発で九頭竜川です。藤枝ICから第二東名に入るとポツポツと降り出し、豊田JCT辺りは前が見えないほどの土砂降りでした。北陸自動車道に入るころから小雨がところどころで降る程度になり、九頭竜川に着くころには青空も見えてきてワクワクしてきます。森石オトリ店でダンさんと合流、すぐに釣り場に向かいます。水位はまだ40cm~50cm高で濁り有りですが、九頭竜川はこれくらいの方が釣れるようです。オトリを付けてポイントに入れるとすぐに20cmが来て10分ほどの間に4匹来ますが、ここでサカバリが折れて鼻カン回り交換。これで流れが止まりパッタリと釣れなくなります。移動しながらポツポツと掛けて行きますがペースはそれ程でもなく午前中15匹、午後からも同じ場所ですが釣り人多くなり1ヶ所で粘る釣りになりました。それでも掛かるのが九頭竜川。しかし型は落ちて、流心近くまでオトリを入れるとなおさら小さくなりました。5時までで午後の部19匹の34匹でした。私の釣った後に入った人も釣れていたので釣り方が悪いんでしょうね。それでも以前のようには立ち込め無くなっているのでからか、取り込みミスも少なく反対に釣果は確実に多くなっているようです。今年は天然遡上が多く鮎が小さいのも取り込める大きな要因です。

2021年 9月  九頭龍川3日間_c0176183_14570386.jpg
シモに居るのはダンさん。

2021年 9月  九頭龍川3日間_c0176183_14562978.jpg
もう今ではほとんど見かけなくなった九頭竜舟。水の抵抗が少なくて使いやすいんですがね。
2021年 9月  九頭龍川3日間_c0176183_14564571.jpg


10日
ダンさんと北島のシモに入りまた出し掛りで20cmが釣れてこれは行けるぞと思うも、次はバラシで流れが強いのでオトリが浮きます。なかなか掛からずイライラしていると釣り人が次から次に入ってきて上下挟まれます。しかもその間隔が狭いのに後ろに立って竿を伸ばしている人まで、こんな所では釣れても面白くないので、ダンさんに場所移動を告げて、車で移動して釣り人が居ない場所を探します。しかしどこも釣り人多く良い場所にはかならず釣り人が立っています。ようやく一人だけのところを見つけてその方に挨拶して下流に入れてもらいます。ここでもバラシから始まりますが、なんか掛かる予感で粘ると釣れ始め午前中は14匹。午後は先に入ってい居た人が帰られたので一人になります。上の滝からシモの瀬頭までを行ったり来たり、掛かる場所が判って来たのでその筋を攻めて一時は地合いか入れ掛もあり楽しめました。午後は4時までで23匹で37匹と上出来でした。暗くなると虫が多くなるので、早めに上がりダンさんを待ちながら焼きそばなど作り、明るいうちからビールで乾杯ですがダンさん何時ものようになかなか帰ってきません。ビールからウィスキー水割りやらハイボールまでダンさん来る頃にはすっかり出来上がってイイ気持ち、車の中でグッスリでした。

11日
起きると雨が降っています。時々強くなるので2度寝でゆっくり目の出発です。土曜日なので「もりいし」さんもお客で一杯。おやじさんも「今日は釣るところが無いやろ~」と言っています。9時頃から中島~鳴鹿の堰堤までをぐるっと2周して探しますが、空いているのは堰堤の上流大きなドブのカミだけ、最近は川を切るのが不安なので入る場所が限られてきているのが有ります。水位は相変わらず高いので立ち込みに強い人なら空いている場所があったのかもしれません。この場所は浅いところが多く石も小さ目、しかもコロガシ釣りもOKの場所で3人ほど入っていました。それでも釣れそうな石色しているので浅いところから始めるとすぐに2匹来ますが小振り。次はビリ鮎まできてバレが連発。流心まで入っていくとなおさら小さくなりますますバレます。午前中はバラシが多く7匹。午後からは鮎が小さいので竿を「龍星竿」に変えてハリも7.5号、ハリス1.2号に変えます。小振りですがポツポツ掛かり始め、竿が軽いので抜きも軽快で、これは夕方の地合いを待てば結構いけるのではの時、根掛で軽く煽ると、ボキで穂先から下4本がすっ飛んで沈んでいきました。え~あれで折れるかな~でしたが、もう何年も使っていなかったのでどこかにキズでもあったのでしょうね。すぐに車に戻り竿を変えて同じ場所に入り直します。やはり夕方のチャンスはあったようで今まで掛からなかった場所でも掛かってきます。しかし大きなチャンスを逃したのは明らかで、周りを見渡すと誰も居なくなるまで頑張ってみましたがそれほどでもなく5時頃終わりにしました。午後の部12匹で19匹、あまりいい場所とは言えない所ですがチャンスを逃したのが大きな敗因でした。悔やまれます。次の日は日曜日、ますます釣り人が増えるのではで、ダンさんに連絡をして帰ることを告げ「もりいし」に寄りお礼をして帰路につきます。九頭竜湖越えで白鳥~美濃~豊田JCT~東名焼津で帰ってきました。ああ~~楽しかった。また行こう。

Commented by K at 2021-09-15 08:01 x
ええ鮎が釣れてますやん!
それも沢山!!(凄い)
今年の中部はこのサイズまでくらいですかね。
Commented by 634p at 2021-09-15 09:37
Kさん こんにちは
私には判断できませんが、「もりいし」さんは今年は天然が多いので小さいのが多いと言っていました。長年の経験からでしょうからその通りなのではと思っています。でも7月末に行った時よりも小さくなっているので大きいのはどこかに潜んでいるのでは、9月末には大きいのが瀬に入る可能性も考えられるので期待は大なのではないでしょうか?いずれにしても釣り人多いと難しくなるので9月末になり平日なら少しは空いて来て期待できるのでは。寒いですけどね~。
by 634p | 2021-09-13 16:27 | 鮎釣り | Comments(2)