カテゴリ:鮎釣り( 268 )

2018年 7月  鮎釣り~海釣り

7月14日 狩野川
朝から暑い日でした。8時頃、狩野川の中流部に行くとmotoさんもう4~5匹は釣っているとのことで、着替えて同じ場所に入るも即掛かりの即バレでスタート。
1匹目のオトリが弱ったので2匹目を出すと更に悪い、すぐに元のに戻しヨレでジットしていると絡むように小さいのが掛かるもオトリにならずでますますオトリ弱ります。
困ったと思ったとき下がったオトリに掛かってくれました。ここで1匹。場所変えで下流部に、オトリを捕らないことには次が無いので浅瀬で待つと16~20cmが4匹掛かりオトリは確保、段々と強い瀬に入れていき一時は入れ掛かりもあり午前中で20位はいったとおもいます。午後からはカミに移動しますがあまり良い所はなく一旦あがり今度はシモに、1匹掛かると掛かりだし面白い釣りができました。午後の失速が残念でしたがここで5時まで釣り32匹。この日は良く掛かり良くバレました。
c0176183_09020804.jpg
7月15日  久能沖~高松沖

Sさん、ヒロリンと太郎丸での五目釣りです。狙いはオオアジで真鯛やアマダイが釣れればの感じです。
まず、Sさんが一投目からオオアジを釣るのでこれは入れ掛かりかと喜ぶも後が続かずで、サバやソーダガツオ他にはホウボウ、チダイなどでした。
深場に移動するとヒロリンがアマダイやカサゴを連発で一人ニコニコ。Sさんも真鯛をあげてドウダ~~のポーズ。私は例によって釣れない君であせります。
c0176183_09181752.jpg

c0176183_09183464.jpg
c0176183_09190592.jpg

2時頃メダイやメバルが入れ食いになりますが、クラーの氷が溶けてしまい残念ながら終了としました。帰ってからはみんなで釣った魚を持ち寄り楽しい反省会でした。
また行きましょうね。

c0176183_09194221.jpg

by 634p | 2018-07-19 09:20 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年 7月  鮎釣り

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by 634p | 2018-07-09 11:33 | 鮎釣り

2018年 6月・7月

6月30日~7月1日 狩野川 
5時出発で狩野川です。何時もの通り途中の浮島で鳥撮り、8時頃狩野川到着です。途中TOMOさんDさんと連絡取り合い場所決定。対岸に4人居るだけでスペースは充分です。9時頃から始めるもオトリが泳がずTOMOさん到着に合わせて一旦上がり再度下流からスタート、すぐにビリが掛かりそれをオトリにすると18cmが掛かりビリが混じるも20cmが3本あり午前中は11匹。Dさんは上流から釣り下がる予定ですが昼食時に双眼鏡で見ても姿は見えず恐らく掛かっているんだろうと一安心。午後からも同じ場所で釣りますがこの場所は難しい、石が大きくて強く複雑な流れなので狙った所にオトリを止めておく事が出来ません。しかし午後からのTOMOさんは凄かった。怒涛の入れ掛かりでサイズも良いので周りはあっけにとられる状態で私もずっと見ていました。結局上がってみると私18匹、形も数もTOMOさん3倍。Dさんと大仁の居酒屋で反省会をするつもりでいましたがTOMOさんが参加で講習会になりイロイロな事が聞けました。何時も聞いているんですがね!ナサケナイ。
c0176183_14592304.jpg


c0176183_14453584.jpg

c0176183_14455277.jpg

早く起きたのでW杯見ながら時間調整してカワセミ撮りに、このところAさん見かけないのでカワセミ居なくなったのかと思ったのですが幼鳥が来てくれました。2羽居るようです。釣りは8時頃開始、この日は対岸に30人ほど並び大賑わい。Dさんも順調に掛けているので少し上流で始めるもビリばかり。それと出水の時流れてきた葦が石に絡みついて居るので根掛り頻発、昨日の講習会で根掛からない釣り方を教えてもらったばかりなのにね。持ってきた仕掛け全て使い尽くし、その場で竿を伸ばしたまま水中糸をベストに結び張って編みつけをしました。アロンは持っていないので用心の為少し水中糸を長めに取り編みつけ糸ともう一度結びました。それから18~20cmを8匹釣りましたが、全く問題なく終わりまでもってくれました。この日の釣果は15匹、根掛かりロストが精神的にキツカッタ。釣果に凄い差が出ていますが、私は本当に楽しい釣りで2日間鮎釣りをした充実感で一杯です。皆様ありがとうございました。Dさん携帯の件ありがとうございました。
c0176183_14440687.jpg



c0176183_14494805.jpg


c0176183_14502715.jpg

c0176183_14443906.jpg
こいつも全く敵わない上手い人が・・・。

鮎の写真は忙しくて撮る暇がありませんでした。


by 634p | 2018-07-02 14:50 | 鮎釣り | Comments(2)

2018年 6月 鮎釣り

6月16日 藁科川  鮎釣り
ヒロリンと藁科川です。下流の状況はまだ良くないようなので上流に向かいますが渇水で釣り難そう、寺島まで戻ると少しは良さそうに見えたので着替えて川原に降りてみますがどうもやる気が起こりません。またオトリ缶担いで車まで、移動で少し下流に入ります。8時40分開始するとヒロリン到着、並んで釣り始めると程なくして1匹目が口掛かりできました。20cm有りそうな良形です。
c0176183_09173553.jpg
解禁の時はこんな鮎は居なかったんですが、2週間でこんなにも変わるんでしょうか?鮎も良く見えるようになっています。

c0176183_09220725.jpg
こんなのも掛かって来ます。この鮎はどこから来たんでしょう?
解禁日が考えられません。鮎も解りませんね。


c0176183_09230668.jpg
朝のうちアカショウビンが目の前の森で鳴くので気になって釣りながら探していましたが何時ものように声だけでした。


c0176183_09234074.jpg
この日は夜お客様が来るのでと頑張って釣りました。24匹、オトリは放流済み。
ヒロリンお疲れ様でした。場所移動の判断は難しいですよね。




6月17日 藁科川
この日は一人なのでゆっくり目の出発。下流部の釣査の積もりでしたが、富厚里橋の周辺はダイワの大会で凄い釣り人でした。大会前に放流したそうですがあの石色でも釣る人は釣るんでしょうね。
昨日の場所には誰も居ませんでしたが9時半頃から少し上流に入ります。昨日アカショウビンやホトトギス、オオルリなど鳴いていたのでカメラを背負って行ったので移動はせず一ヶ所の瀬のみをしつこく攻めてみました。

c0176183_09463021.jpg
昨日よりも良形が掛かって来ます。

c0176183_09483938.jpg
こんな鮎が12時までに13匹、下流に目印すっ飛ぶアタリや、掛かった瞬間3m位い上流に走る鮎が見えたり、掛かった後ジグザグに走り回る鮎で
一人にっこり。同じ場所で釣り方変えたり誘いをかけたり竿の角度変えたりで充実した大満足の釣りでした。16匹


by 634p | 2018-06-18 09:57 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年 6月 鮎釣り

 昨日(6/1)、釣り場に降りる時足を踏み外し落下、したたか左腕を打ってしまいました。まだ(6/5)黒く腫れていますが痛みは治まりました。クーラーと引き舟、竿を持っていましたがタモの柄が折れただけで竿やクーラーには影響なくそちらはホットしましたが、今までに無いような転び方に歳を感じています。釣っている最中もバックしてよろけると前なら足が動いたのですが立て直しが出来ずコケルことが多くなりました。まだまだと言うのは気持ちだけで確実に衰えているようです。狩野川のような大石の所は慎重にですね。
c0176183_12272294.jpg
6月2日 藁科川 日向 
体のあちこちが痛かったのでお休みにしようと、マルの散歩と遅めの食事でのんびりしていましたが、どうもジットしていられないタチで9時頃出発で藁科川に向かいます。遅いのでどこも入れないのかと思いましたが、また「さおしん」前まで誰も居ません。下流は全くダメなので上流に上ると杉尾沢の辺りには満員でした。諸子沢~ヨキ又川合流まで見に行きましたが流石にここまで来るとチラホラの釣り人、しかし橋の上から見ても鮎が見えないので日向まで戻り4~5人の中に入れてもらいます。様子を聞くと5匹~0匹とのことですが昨日はかなり釣れたとのことで、少しは残っているだろうと木が被さる釣りにくい所から始めます。午前中に5匹(最大17cm)、昼休憩後に4匹来てアタリが途切れた頃アマゴが釣れたので2時に終了しました。9匹  帰りに富厚里橋のカミに二人居ましたが釣れたんでしょうかね~?。
c0176183_12274515.jpg

6月3日 狩野川
年券を買いに行くつもりで5時出発で狩野川です。途中浮島により鳥撮りも兼ねてです。
浮島も田植えはほとんど終っており静かな朝でした。何時ものサギ営巣地の途中でキジが居たので準備をしているとオオヨシキリの声が聞こえ、良く見るとケリやカルガモも居るのでそこで少しだけ撮り、狩野川に向け田んぼの中を走りますがどこもキジやケリなどでした。この前「ダーウィンが来た」でタマシギを見たので期待したのですが、ここら辺にいはないんでしょうかね?。
c0176183_12283905.jpg
c0176183_12292429.jpg
c0176183_12285923.jpg
c0176183_12291221.jpg


アルバトロスに7時頃到着、年券とオトリを買い上流に向かいます。誰も居ない場所で始めますが釣れません。TOMOさんが来たので一旦上がり、お久しぶりのご挨拶の後また同じ場所で始めると18cmが掛かりますが、その後は天然遡上らしきビリばかり、それをオトリにすると同じ様なのがまた掛かって来ます。お昼少し前に良いアタリで17cmが来て午前中9匹。この場所なら釣ったかなと思ったのですが、帰ってきたTOMOさんの鮎を見るとガッカリ、形も数も倍以上でした。流石ですね。
午後からは少し下流で4時まで。水温が上がったのか午前中よりは良く11匹来て、合計20匹で小さいのが残念でしたが狩野川らしい釣りができ面白かったです。
いろいろお世話になりありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。


by 634p | 2018-06-05 12:29 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年 6月  鮎釣り

6月1日  安倍藁科川 鮎釣り解禁
ヒロリンと藁科川へ4時出発です。前日の雨と皆さんの下見で藁科川良く無いとのことで今回はタープ張りの夜明かしは無し。状況は良くないと言ってもそこは解禁日、何とかなるだろうと二人ともワクワクで第二東名の橋まで来ると駐車場にも土手にも車が有りません。富厚里の橋から上下流を見ても誰も居ません。ヒロリンと今日は解禁日だよね~と。「さおしん」さんで年券とオトリを買いますが5時少し前でお客さん二人。親父さんに聞くと下流は全くダメ、ここから上流なら少しは良いのではで、小島まで走りますが途中も釣り人チラホラでどこでも入れます。小島の橋の上から見ても全く鮎の姿は見えず、茨沢まで戻り着替えて入り、少し下流でスタートです。流芯の石色はソコソコなのですが全く掛かりません。ヒロリンの始めた場所も良い所だったのですが全く掛からない様子。
c0176183_12034446.jpg
上流に居るのがヒロリン、こんな場所で全く掛かりません。私の足元の石色も悪いですね。

それではと降りたところに戻ると先行者の地元名人が4時頃から始めて、一匹も掛からないので諦めて帰ると言うのでそこで始めると、ポツポツ掛かり始め形も大きいのは17cmほど有ります。しかし何時もの解禁日とは違いここぞの場所でもすぐに掛かってくる状態では有りませんでした。二人で早めの休憩を取る間も何人か来ますが、誰が来てもどうぞここで釣ってくださいと言うほどです。こんな解禁は初めてです。朝から居た人達はみな帰ってしまいましたがヒロリン頑張るので私もガマンの釣りをしていると昼過ぎからは掛かり始め3時半までに19匹で何とか解禁日の鮎を食べる事ができました。
c0176183_12040592.jpg
c0176183_12041921.jpg
                                今年は厳しそうですね。

by 634p | 2018-06-04 12:05 | 鮎釣り | Comments(2)

2017年 10月  鮎釣り

10月5日 藁科川
前日ヒロリンが藁科川で釣ったオトリを生簀に入れてくれたのでこの日は同行させて貰いました。
強風がたえず吹いて曇っていたのでドライタイツにカッパで丁度良い感じでした。アカ付きは少し早い位ですが際にはしっかりと付いていました。
10時頃から始めると秒殺で3連発、釣れるじゃんと思ったのはそこまで同じ場所では待っても誘っても掛かりません。それはどこも同じようで分流にいた人も掛けてもすぐに移動していきます。これは拾い釣りかと下流に移動します。ところどころにアカが付いている場所が有るので点々と探り歩きますが先行者がやった後では全く掛かりませんでした。元に戻ってもやはり挿した場所では掛かりません。ヒロリンも上流に移動しているので上流に向かい流れの強いところに入れるとすぐに3連発、いればすぐに掛かる感じでアカが薄くても竿抜けなら掛かるようです。3時半頃で挿す所が無くなり終了で11匹でした。これで雨が降ると終わりかな~と思わせるような鮎釣りでした。
                            
c0176183_09024100.jpg

by 634p | 2017-10-06 09:03 | 鮎釣り | Comments(4)

2017年 9月  鮎釣り

9月21日  藁科川
ヒロリンお休みで藁科川へ、18日の雨で濁りまだ早いと思ったのですが凄い人出にビックリ。今回は10時30分頃から中流部に入ってみましたがまだアカが薄く釣られた後では厳しく全く掛かりませんで、大石の前で上下に泳がせるとようやく20cmが掛かりますがそれをオトリにすると吸い込まれるように根掛り、とても取りにいける場所ではないのでプッツン、気持ちも切れて昼で早上がりでした。ヒロリン場所の選定悪くすいませんでした。痛恨の今季初めてのボーズでした。

9月22日 ヒロリンと藁科川に再度挑戦。9時30分スタートですが相変わらず釣り人多いです。当然ながら駐車場前は先行者が釣ってある様子ですが、そこから始めると小さいのが2匹掛かりますがあとが続かず、大きく移動してやりにくそうな場所でぽろぽろ拾いなんとかオトリは確保。ほとんどの場所に竿が入っていますが流れの早いところで竿抜け見つけ連荘で掛かります。一通り釣りまた場所移動で3匹追加して、元の場所に戻るとポツポツ掛かり3時30分頃雨が降り出したので終了、丁度20匹でした。形は13~18cmでアカが薄い割りには釣れました。
c0176183_17402027.jpg

by 634p | 2017-09-22 17:49 | 鮎釣り | Comments(0)

2017年 9月  鮎釣り

9月16日 藁科川
オトリが生簀の中に残り3匹になったのでオトリ獲りの積もりで午前中だけでもできればと8時30分出発。
10時頃から雨が降り出し、終日降っていましたが風が無かったので釣りに支障は全くありません。
オトリが痩せていたので今回も1匹目に時間掛かりましたがオトリが変わると調子良く掛かりだし、何時ものパターンで数匹連続で掛かりピタッととまり少し時間をおいて
掛かりだすとまた数匹連続で掛かるの繰り返しでした。途中舟の中では弱ると思いオトリ缶に移すとき数えると38匹、50匹までと頑張りますがペースが落ち49匹であと1匹がどうしても掛からず4時30分終了しました。前回よりも天候の関係か掛かりは悪くバラシも多かったのでチョット残念でしたが、半日だけでも出来ればと出掛けたので嬉しい誤算でした。ドライタイツにカッパでも寒いくらいでした。
c0176183_09331621.jpg
c0176183_09333386.jpg

by 634p | 2017-09-19 09:33 | 鮎釣り | Comments(0)

2017年 9月  鮎釣り

9月9日 狩野川
藁科川このところどこに行っても渋滞状態、土日は更に厳しいだろうとの予測から前回も前々回もバラシが多く悔しい気持ちもあり何とかならないかと連続の狩野川です。現地に7時30分着、駐車場近くに色々な鳥が居るのでそれも楽しみです。何時も居るのはホオジロ、ヒヨドリ、ムクドリなど、珍しいのはガビチョウがかなりの数居るようで大きな声で鳴いてます。他にも鳴き声だけですがアオゲラと先週はアカゲラだと思いますが鳴き声が聞こえました。ガビチョウは先々週は良い所にとまり絶好のチャンスでしたがカメラを持っていなかったのでそのリベンジもありました。カメラ構えていると出ませんが釣りをしてるとすぐ近くまで来るというありえるパターンで運に見放されているようです。
c0176183_10550206.jpg


c0176183_10323831.jpg


c0176183_10315245.jpg



c0176183_10515674.jpg

釣りも全く同じ、この日も何時もの場所からスタートしますが、これも何時ものごとくすぐに掛かるもバラシ、次もバラシで先週と全く同じここでは待っても掛からないのは学習済み、早めに場所移動でシモのトロ瀬に入ると先週と同じ場所で23cmがそれをオトリで3連荘、しかし先週より形は落ち掛かりも悪くなりました。そんな頃上流の瀬に一人入り、シモのトロにも一人入るので昼で上がり、TOMOさんmotoさんの居る場所に移動します。午前中10匹。
午後の部は始めるとすぐに20cmがそれをオトリでまたすぐに24cmが掛かり、いい調子だと思うもそれっきりで場所移動も出来ないほどの釣り人で早めに終わりカワセミ撮りに転向で、12匹に終わりました。木曜日に藁科で釣れたので狩野川では厳しい洗礼かなといやな予感もありましたが、案の定でした。
motoさんが泊まりなので、その予定ではなかったのですが帰っても一杯呑んで寝るだけなので私も泊まることに、それならDさんもと連絡をすると酒匂で竿を畳んだところで、すぐにこちらに向かうとの事、motoさんと「いずのへそ」に車を停め大仁の居酒屋でTOMOさんと4人で楽しい酒盛りでした。皆さん高度な鮎釣りをされている様で、いまさらながら若い時にいい加減な釣りをしてきたのが、体力・気力が落ちてきた今悔やまれます。それにしてもバラシはどうしたらいいんでしょう?もう一回というか判るまで挑戦ですね。
                             24cmですが幅広です 
c0176183_10434838.jpg
                         イソシギが2羽来たのかと思って撮っていたのですが
                          手前の一羽はメダイチドリではないでしょうか?
c0176183_10341376.jpg


9月10日
チョット寒く途中でトレーナーを着て眠る位で快適な車中泊でした。
この日は朝一、カワセミ撮り。久しぶりにAさんと話をしながらのカワセミ撮り楽しかったです。
c0176183_10350379.jpg

c0176183_11062862.jpg
c0176183_11073775.jpg





c0176183_10342980.jpg
c0176183_11082649.jpg


c0176183_11010519.jpg

c0176183_11001224.jpg


このトビまだ若そうですが凛々しい感じがします。
c0176183_10331600.jpg


c0176183_10333114.jpg


8時頃TOMOさんが来たので着替えて昨日と同じ場所でスタート。
釣り人は昨日ほどではないですが、掛かりません。掛かったと喜んだらまたバラシ、30分後漸く掛かりオトリ継ぎすると連荘で来て良いかなと思うもそれっきりでどこを泳がせても全く掛からず午前中でギブアップ、場所移動して何時もの所でスタートするとまたバラシ2連荘、シモのトロで23cmを掛けいい感じで泳ぎますが反応無く2時頃打つ手無く諦めました。狩野川の厳しい洗礼を受けてしょんぼり帰ってきました。
c0176183_10432359.jpg
                            
                      鳥撮りはペンッタクスK3 ボーグ71FL F-AF1.7 No.3 三脚



by 634p | 2017-09-12 10:55 | 鮎釣り | Comments(2)