人気ブログランキング |

カテゴリ:鮎釣り( 291 )

2019年  8月  鮎釣り

8月13日 狩野川
この日は石花海のイサキ釣りの予定でしたが、台風10号の影響が出始めウネリが強くなってきたので前日に中止決定。ならば狩野川にと5時出発です。
何時ものカワセミポイントに7時頃到着、カメラを持って歩きだすとすぐに鳴き声がしてテトラに止まります。警戒感が強いのかすぐに飛び立ちバラの枝に、雨が降っているのでまだ暗い感じですが何とか久しぶりの狩野川のカワセミ撮れました。
c0176183_10375935.jpg
少し晴れ間も見え虹がでました。去年はこの時間なら写真の中心辺りの流れに腰まで入っているベタ竿の方が一人居たんですが。

c0176183_10371985.jpg


c0176183_10385258.jpg


9時頃、何時もの場所からスタート、手前の流れで小さいのを掛け、それをオトリにして流芯に入れると凄いアタリで一気にシモに下りますが、九頭竜川に比べれば下がるのもなれた場所で少し余裕が、ジックリと耐えて下がり引き抜くとまさかのキャッチミス、あ~~ヘタクソ。オトリを変え同じ流れと周辺を探りますが全く反応なしで仕方なくシモの瀬に一旦下がります。

この日は風切竿8.5m軽~く感じます。
c0176183_11141082.jpg
ここではポチポチ掛かるものの今回は小さいのばかり、しかも普通の波立ちでは掛かりません。何とかオトリを確保出来たのでもう一度スタート地点に戻り、手前の流れで1匹獲り、また流芯を探ると一気にシモに下がるアタリで強い流れに入られ、高切れドンブリいやおう無く九頭竜川を思い出します。仕掛けを張替え再度スタートするも掛かりません。しつこく待つとようやく掛かり引き抜くと痛恨の空中バレ、次もバレ、次もでカッカしてきて、抜いたタモを打ち付けてしまいました。ハリの形状、大きさ、ハリスの号数などハリケースにはイロイロ入ってはいますが、根本的になぜバレルのかが判っていないので、ただ換えて見るだけ、本当は気持ちを落ち着ける意味でも少し休憩でもすれば良いのに、昼飯も食べずにガリガリと動き回ります。3時半頃オトリ店前で1匹掛けシモに下がろうと胸まで浸かり渡った時にタモを流したようです。上がってみると無いので周囲を探しますが見つからずここで修了。舟に残ったのは13匹で11匹の結果にあ~あホントにヘタだなと実感したのです。川の状態は平水ですがどこもアオノロがベッタリでかなりの頻度で引き上げ、糸に絡みついたアオノロを取り除きました。釣り人は私の周りには対岸に一人、オトリ店シモに3人程入りましたがすぐに帰ってしまいました。前回の様には掛かりませんでしが、ミスが無ければ結構いけたのではと思う状況になおさら落ち込みます。

4時半頃の牧の郷、釣り人の姿は一人だけでした。これよりシモはカーブまでの見える範囲は無人でした。
c0176183_11173912.jpg



by 634p | 2019-08-19 11:25 | 鮎釣り | Comments(0)

2019年  8月  鮎釣り

8月7日8日9日  九頭竜川の鮎釣り
7日、2時30分出発で九頭竜川に行ってきました。過去の記録をたどると2015年の8月以来ですので3年のお休みでした。車を車中泊出来るものに変えたので半分ワクワク、九頭竜川に立ち込めるかの不安が半分でしたが、TOMOさんが前日から入っているので思い切って出かけました。あまりに久しぶりなので福井インターで降りてしまい気がつけば足羽川に出ていました。坂井市に出たのでコウノトリに寄って行くかの選択も有りましたが、ここは鮎釣り優先で「もりいし」さんに遅めの到着です。おばちゃん元気で「久さしぶりやの、3年くらいこんかったやろ」と覚えてくれていました。TOMOさんの先導で始めたのはこの瀬のカミから。腰まで入ると九頭竜川のひんやりした水が気持ち良いです。
c0176183_12541397.jpg
すぐに3匹掛かり無事に取り込み順調かなと、しかし次はキャッチミスしかもナカハリス切れ、次はオトリを取り出すとき逃がしたりと何時も通りのドタバタです。それでも買ったオトリがビンビンに元気なので救われましたが、何せ掛かってくる鮎がデカイ、それをオトリにすると同じ様なのが掛かりドンブリと掛けても数は全く増えません。それでもやはり大鮎が居そうなところに目がいってしまい、オトリを誘導すると目印がくるっと回るようなアタリでカミにのぼる大鮎、それに耐えてそろそろ良いかなと寄せようと竿をシモに向けると一気に下がりはじめそれに追いついていけずプッツ~ン。ア~~やってしまった~今のはデカカッタな~とガックリ。釣れて来るのは23~25cmくらいの鮎ですが(27cmも上がっているようです)体高があり水の流れも強いので普通の仕掛けでは耐えられません。私はこの時、水中糸は複合の0.1号、下付け糸0.4号、ナカハリス1.2号、ハリ8.5号、ハリス1.5号ですが超硬のSLⅢでこの鮎では掛かる場所によっては獲れることも有りますが、大鮎が居る立ち辛い場所で強い流れに入れば私のアームでは全く歯が立ちませんでした。この日は舟に残ったのは3匹で釣ったのは結局1匹の結果にガックリでしたが夜の部は楽しい、TOMOさんと腹一杯飲んで(TOMOさん強い)夜走ってきた疲れと久しぶりの激流の疲れとで車の中でグッスリでした。釣ることは出来ませんでしたが、負け惜しみではなく本当に楽しい一日でした。明日の為に出来合い仕掛けのハナカン周り1.5号と9号の3本イカリを買ってみました。続きます。

8月8日 堰堤下流へ
2日目は堰堤より下流の様子を見に行きました。2015年に釣った場所は平坦な流れに変わっており駐車場所も草が生茂っているのでパス、五松橋のカミの瀬が一人だけなので大会後ではありますが遠目に流れも良いので着替えますが、最後にタビを履こうとすると有りません。前日「もりいし」さんで干しておいたのを忘れてきたようです。一旦戻り再度来て見ると4人に増えていたので、川を切り左岸側から始めます。こちらは誰も居ないので瀬頭から始めるとすぐに20cmが3匹獲れます。これは調子が良いと強い流れに入れていくと今までとは全く違うアタリで一瞬で高切れ、下流は大丈夫と思っていたので油断していました。思えば流れも太く強いので20cmのばかりではあるはずが有りません。仕掛けを張替えまた3匹追加しますが、次はバラシ、次もで一旦瀬頭に戻り始めますが、ふと腰に手を当てると舟が有りません。ベルトの環から無くなっているので傷んでいたのだと思います。また「もりいし」さんに戻り、おばちゃんに安くしてもらいダイワの舟購入。午後は岩盤瀬に入り5時までに少し小さ目のを7匹釣り修了。おばちゃん曰く「・・・・」正直なんて言っているのか判らなかったのですが、それって「おっちょこちょい」と言ったら、ほやほやと笑っていました。他にもイロイロ有りホントに情けなくなる一日でした。が、夜は楽しい、この日は焼肉です。以前にも何度か行ったことがあるお店でまた良く飲みました。TOMOさん曰く、怪我もなく過ごせたので良かったと思うことだと。その通りと思わざる・・・。です。
c0176183_11161378.jpg


c0176183_11165747.jpg

8月9日  三日目 リベンジなるか?
少し早めのスタートで初日と同じ場所に入ります。泡立ちのシモで2匹掛け無事取り込み、今日はいけるかなと思うとピタリと止まりズルズルと下がります。初日に掛かった場所で全く反応有りません。更に下がり少し平坦にはなりましたが変化のある場所で良いアタリ、シモのザラザラに落とすと走られるので耐えますが強い、ちょっとしたスキにシモに下られ足が付いていかず身切れ、急流を遡りオトリを変え入れなおすと違うスジでまた同じようなアタリ、これは更に強い、耐え切れずにシモに落とすとゴンゴンという引きで高切れ、あ~あ又しても、もう仕掛けがありません。こんなことも有ろうかと現場でも結べるフロロの1号をポケットにいれてきたのでそれを結びます。この仕掛けで厚い流れで3匹、更にシモの落ち込みで3匹追加とここまではまあ順調でしたが、一本瀬の真ん中で掛かった瞬間足を滑らせ転倒したときに竿を振ってしまい又してもドンブリ、これはオモリを付けていたのでそこから切れていました。ここら辺から戦意喪失でしたが気を取り直し大き目のオトリで足元を泳がせて2匹獲るも次は良い形で、足元近くまで寄せるも掬わず引き抜くと痛恨のキャッチミス、なんで掬わないのかと馬鹿。ここで降参でした。
c0176183_09443045.jpg

c0176183_09453529.jpg


c0176183_09461310.jpg


c0176183_09440175.jpg
3日間の九頭竜川を振り返ってみれば、予想以上に鮎が大きかったこと、仕掛けが全く合っていなかったこと(仕掛け作りがアマイ)、釣れた鮎がオトリとして泳がなかったこと、流れが何処も平坦になってしまったこと、以前よりも底石が滑るようになったこと(これは体力減退からくる思い込みか)などイロイロ有りますが、九頭竜川ならではのアタリと強い引きを堪能しました。(獲れないのが多かったけど)またTOMOさんとの九頭竜川で久しぶりの釣りで3日間本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。
もうこんな釣りは期待できないかもですが、もう一度行って見ようと思っています。

                私が釣ったので一番大きいのは家で測って25.5cmでした。釣った時はもっと大きく見えたのにな~。
c0176183_09431085.jpg





by 634p | 2019-08-10 19:31 | 鮎釣り | Comments(0)

2019年  8月  鮎釣り

8月1日  狩野川
前回6時出発で車が多かったので今回は5時30分出発です。この時間でも狩野川中流まで2時間チョット、平日のこの時間はやはり混みますね。駐車場でパンを食べながら「なつぞら」を見ているとmotoさんから電話、久しぶりなのでイロイロ話をしているとTOMOさんが愛車で、もっと上流を予定されていたようですがお付き合いいただきました。前回この場所に来たのは7月25日、その時に比べると水位は10cmほど下がって平水です。TOMOさんは段々瀬へ私は50m程カミの瀬に入ります。開始30分程で6匹釣りますが水位が落ちているのとかなり攻められているようで小さいのばかり、アタリが止まったのでTOMOさんの釣り拝見と行って見るとなんともう15匹釣っているとのこと、(開始1時間ほど)時々見ると竿を絞っていたり、オトリ換えしていたりで釣っているのは判っていましたが流石ですと言うか考えられません。何時も言われていることですが、前日攻められているとか、釣り切ったなんてことは関係ない、通す場所だとその場で釣って見せてくれます。また元に戻り同じ場所で狙い所をを変えると20cmクラスが連続で掛かります。何年もお付き合い頂き、同行も沢山ですが生かしきれていない自分に不甲斐なさを感じます。TOMOさんは午前中26匹、私は14匹、腕の差歴然。   ぼ~~っと釣ってんじゃね~よ~~ ですね。                        
                               午前中の私のの釣果、小さいのが多いです。
c0176183_14425390.jpg
午後からはもっと釣り難くなっているだろう全く同じ場所に入ります。やはり流芯では全く掛かりません。釣れるたびに入れてみますが掛かりませんでした。5時までやって午後は11匹の25匹、TOMOさんは44匹で、まあ何時どおりの釣果でやっとダブルスコア回避でした。念のため、漁協のHPでは6~23匹、駐車場で一緒になった若い人は同じに上がり20匹と言っていたのでどうなんでしょう?。しかし、毎度のことながら良く釣りますね。お見事でした。
                  
                                 午後に釣れたこの日最大の鮎
c0176183_14462003.jpg

先週に比べて格段にアオノロ多くなりました、少しくらいの出水では飛びそうに有りません。


by 634p | 2019-08-02 14:47 | 鮎釣り | Comments(0)

2019年  7月  鮎釣り

7月30日  狩野川
狩野川漁協のHPにハミ跡いっぱい、なんてあったので行ってきました。オトリ店に着くと釣り人は、はるかシモに一人、カミに二人だけで店前は誰もいません。
店主に聞くと鮎が薄くて釣れないのでお客が来ないと元気がありません。それでもカミの方が良いとのことで土手を500mほど歩き去年最終に入った場所から9時にスタートです。釣れる場所は判っているのですぐに4匹釣りますが小さいのでシモに移動。川の真ん中に立ち左岸側を探ると19cmが掛かりますが次はなかなか来ない、小さいオトリに変えると今度は20cmとポツポツ掛かり12時までに16匹。午後は1時スタートで店前を、やはりここは厳しくここぞの場所で待っても掛からないことが多く鮎は薄いように感じました。広報で5時のお知らせが有ったので修了でここでも16匹の計32匹でした。大きな石が多い狩野川、最近ではつまずくと立て直すことが出来なくなってきました。首まで浸かることもしばしば、2回こけて泳ぐ始末で大石をまたぎながらの移動を要する狩野川に行くと年齢を感じさせられます。

c0176183_10325245.jpg
c0176183_10330664.jpg
スマホで撮るのは難しい。


by 634p | 2019-07-31 10:42 | 鮎釣り | Comments(0)

2019年  7月  鮎釣り

7月25日  狩野川
今年は雨が多く鮎釣りは藁科川の解禁(6月1日)に行ったきりで、なんと今季2回目となります。ここ30年くらいこんなことはなかったように思います。前日、TOMOさんから情報を貰い天気も良さそうなので4時出発です。何時ものオトリ店で年券を買い、まだ誰も居ないので店の前に入ります。9時頃になると地元の方たちが5~6人で入ってきて、向こうにはその気は無いんでしょうが、押しやられるように下流に下がりますが、ここも小さいしバレ連発、粘りますが良くないので昼で移動します。午前中11匹で小さいのが多く渋かったです。午後も人の多い場所なのでどうかと思ったのですが、狭い範囲を行ったり来たりでイイ形が掛かり良いアタリも有り、久々の鮎釣りで疲れましたが充分楽しめました。午後からは20匹で計31匹、根掛りロストも一回だけで私としては上出来でした。
c0176183_11353287.jpg


c0176183_11354753.jpg
平日でも釣り人多いですね。


by 634p | 2019-07-26 11:39 | 鮎釣り | Comments(2)

2019年 6月  鮎釣り


6月1日 藁科川解禁
5月31日15時頃、前日の下見で駐車スペースが有るのを確認してあった場所に到着。Uさん・Oさん既に準備中ですぐに手伝いタープ張りをします。何時もなら誰かしら見にくるものですがこの日は薄暗くなっても誰も来ませんでした。恐らく明日も来ないだろうと三人で酒盛り。今年2月に賑やかな人が亡くなったばかりなのも有りますが、何となく寂しい解禁前夜です。
c0176183_16372172.jpg
こんな解禁前夜は初めて。この後Oさんがハチコーを採って来て煮てくれました。


c0176183_16381254.jpg
薄く白い濁りが有ります。これは上流に残土を投棄し、それが雨によって流れ出したのだそうです。
藁科川もこれでは終わったも同然ですね。

結局朝になっても誰も釣り人来ません。8時頃上流に二人来ましたがすぐに帰ってしまいました。
c0176183_16385541.jpg
釣れたのは4匹、割と形は良かったのですが数は思った以上に居ないようです。
残土も正体が掴めないので、食べるのをやめようとしましたが初物なので腹を出しての塩焼き、釣果と共に残念です。
鮎釣りの意欲も失せそうです。







by 634p | 2019-06-07 16:52 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年 11月 鮎釣り

11月3日  藁科川
まだオトリが元気に泳いでいたので藁科川の最下流部に行って来ました。9時30分頃到着で見える範囲に2人、アカ付きは良いので期待が持てますが先行者に聞くと全く釣れないし鮎の姿も見えないとのこと、確かに500m位歩いて見ても鮎の姿は見えません。上流で釣っていた人も移動で見えなくなります。これは厳しいと思うも石色はそれ程悪くないのでこの周りでは深めの石が入っているところで始めるとすぐに17cmが背掛りできます。これは泳げばまた掛かると放しますが背掛りですが中層を泳ぎ回り落ち着きません。重めのオモリを付け止めて待つとまた掛かります。次は良く泳ぐのでカミに登らせもう1匹、次は泳がないのでまたオモリで吊りながらもう1匹、ここまで2時間かかりその後は1時まで全く掛からずでした。4匹 藁科の鮎はまだ若く釣れてくるのは白かったのですがやはり元気が有りません。今季はこれで本当に終わりにします。
c0176183_12483640.jpg
もうコガモもオオバンも数が増えてきました。鮎の季節は当地でも終わりですね。


c0176183_12501304.jpg


c0176183_12503296.jpg
しかし、こんなの見せられるとまだいけるなんて思ってしまいます。この鮎はメスで20cmほどに見えました。
カワセミ撮りのこの川にはまだ白い鮎が群れで泳いでいます。


by 634p | 2018-11-05 12:52 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年 10月 鮎釣り

10月28日  興津川
先日の狩野川で納竿のつもりでしたが実は未練たらしくオトリ確保しておきました。それを持って興津川に行ってきました。何時もの通り山越えで上流部に着きますが、時間が遅いのでどこも満員状態で私としては入る場所が有りません。皆さん諦めが悪いですね~。^^^。
それではと下流部に行くとこの前と同じで誰も居ません。始めますがアカツキは良いのですがハミが少なく石色は悪いです。
20分ほどで♂が掛かり次は♀が掛かります。オトリの心配は無くなったので移動して少し強めの瀬に入るとポツポツ掛かります。10時から12時までで10匹とこの時期としてはそこそこの釣果、昼飯にして場所移動を考えますが,時間的にまだ釣り人多いだろうと、もう一度同じ場所を釣ることにします。午前中釣れそうで釣れなかった場所に入れると即掛かりですがまさかの高切れ親子ドンブリ、前回から使っていたメタルが傷んでいたようです。複合ならほとんど無いことで、やはりガサツな私はメタルはやめたほうがよさそうです。(何度苦い経験をしても懲りずにね~)次に1匹来ますがやはり釣り返しは効きません。釣れないので1kmほど歩いて場所確認しますが釣れそうな場所は無く元に戻り2匹追加で終わりにしました。
♂と♀の割合は6:4ほどで狩野川と同じくらいの進み具合でした。13匹。オトリ一応キープしておきました。

c0176183_12421488.jpg
久能の落花生。大粒、皮厚で塩茹でが美味い。

c0176183_10511045.jpg
今日は天気も良くチャンスだったのにミスばかり、飛び込みは真ん中に入らずカメラを振ってしまいボケの量産でした。

c0176183_10504860.jpg
アオサギ
c0176183_19095105.gif
c0176183_23254821.gif

c0176183_19103685.gif

c0176183_19110282.gif

by 634p | 2018-10-29 10:51 | 鮎釣り | Comments(0)

2018年  10月  鮎釣り

10月23日~24日 狩野川  鮎釣り 竿納め
今年最後の鮎釣りになる予定の狩野川です。
23日7時頃の出発、何時ものように浮島に寄ってみますが何も撮れず9時30分狩野川到着。思ったよりの人出で場所変更、第二候補に着くと誰も居ません。10時スタート、オトリを馴染ませると同時に掛かり5連発、その後もだいぶくすんで黒くなったのも居ますがポツポツ掛かり3時30分終了で26匹でした。
c0176183_14474726.jpg



c0176183_14465163.jpg

思ったよりも黒くなっていましたが、掛かりは盛期よりも良い感じでした。ただアタリも引きも弱くなっていました。黒ずんでもオスのほうが泳ぎが良く、メスのおっとりした動きよりも掛かりは早いように思いました。小さめの養殖のオトリが有ればもっと釣れたのかもしれません。

c0176183_15145030.jpg

c0176183_14510693.jpg


c0176183_14522168.jpg
10月24日  何時もの場所でカワセミ撮りと鮎釣り
カワセミは時々2羽で通り過ぎるだけでとまったのは対岸のみでしたがキジ、イソヒヨドリなどがきました。鮎釣りは10時頃からスタート、この日は対岸に二人だけで右岸は誰も居ないので上流に上り釣り下ります。
c0176183_15021426.jpg


c0176183_15031177.jpg


c0176183_15182109.jpg

c0176183_15242686.jpg


この日もすぐに掛かりますが昨日のペースではなくポツポツ、1時までと決めていたので釣り下がるペースが速すぎたかもしれません。この日は9匹、鮎もだいぶくろずんできているのでこれで終わりにすると思います。2日間思ったよりも釣れて良い竿納めとなりました。
c0176183_15055985.jpg

c0176183_15062843.jpg
下2匹にはビッシリと真子が、上はシラコでした。エレキで焼いても美味い狩野川の子持ち鮎。




by 634p | 2018-10-25 15:04 | 鮎釣り | Comments(2)

2018年 10月  鮎釣り

10月17日 興津川
藁科川も安倍川もまだ濁り有りで今週末も出来そうにありません。天気も良いので興津川に行って来ました。上流部に10時頃到着ですがまだアカ付がイマイチです。
その割りに釣り人多く駐車スペースのある所は入る余地がないほどです。狩野川に走るには時間が遅いので空いたスペースを探して始めますが先月釣ったオトリが泳ぎません。浅い流れがゆるい所でガマンしていると小さいのが掛かりホットしますが小さくてやせているので動きが悪いです。昼までにここで3匹釣り、下流に移動しますがここも釣り人多いのですがポッカリとアカ付きの良い場所が空いていました。始めるとすぐに掛かり3時30分頃までに11匹、形は18cm~14cmくらいで小さいですが卵を持ったのが多かったです。もう少しアカ付がすすんでいると思ったのですが、それ程でもないのに釣り人の多いこと、ポイントが限られているので釣るのが難しい状態でした。台風前とだいぶ流れが変わっていました。もっと下流部に入ればよかったカモです。14匹

最近撮れた野鳥。

c0176183_12013386.jpg

c0176183_12020473.jpg

c0176183_12030742.jpg

c0176183_12022546.jpg
c0176183_12025081.jpg


c0176183_12032917.jpg



c0176183_12040092.jpg

c0176183_12044305.jpg
もうそろそろジョウビタキでも来る頃かなと駐車場で待って見ましたが、スズメとシジュウカラがきただけでした。
マルママが断りもせずダイダイの木を切ってしまったのでもう来ないかも。


by 634p | 2018-10-18 12:06 | 鮎釣り | Comments(0)